SIMロックフリーのiPhone 4Sの交換:交換後にSIMロック解除手続きが必要

スポンサーリンク

海外版のiPhone 4Sは国内での修理が出来ない。
という情報を、こちらのBlogエントリで拝見してからずっと気になっていた、海外で購入したSIMロックフリー版のiPhone 4Sの国内での修理について、再度Apple Careサポートライン( 0120-27753-5 )に電話で確認してみた。

『国外で購入したSIMロックフリーのiPhone 4Sを国内で修理・交換した場合、購入時点の状態で返却してもらえるのか、SIMロックがかかった状態で返却になるのか教えて欲しい。』

と質問したところ、通常のオペレータでの案内ではなく、上役のシニアアドバイザーに繋いでいただき、質問した結果、日本国内で交換扱いとなったiPhone 4Sは、工場から一旦SIMロックが施された状態で返却されるものの、購入時点ではSIMロックフリー版であったことをApple Careサポートラインに連絡すれば、追ってSIMロックを解除することが可能。との回答をもらった。
*SIMロックフリー版か、国内版かはシリアル番号で管理しているので、前もってシリアルを記録しておく事をオススメ。

上記の対応は販売国のリージョンに関係なく、日本国内での修理・交換であれば、どの国で販売されたiPhone 4Sについても同様。との回答をもらった。
*但し、上記はあくまでも日本国内での修理の場合で、日本国外での修理などについては現地のApple Storeでの確認が必要とのこと。

と言うわけで、自分としてはこの回答を信じたいところなんだけれども、実際に海外版を修理・交換してもらった経験は無いので、もしもそういう機会があればまた別途エントリにて(^ ^)

コメント

  1. TKC より:

    先日アップルストア心斎橋にて香港版SIMフリーの3GSと4Sを交換していただきました。勿論型番はZP/A~JP/Aに変わりました。カメラのシャッター音も消せない日本仕様になりました。どちらもSIMフリーでドコモのSIMでアクチベートしてもらいました。ご参考まで

    • shimajiro より:

      >>TKCさん

      貴重な情報ありがとうございます。
      このケースでは、SIMロックフリーのiPhoneは『SIMロックフリーの日本仕様』の端末と交換になった。という事ですね。どうもありがとうございますm(_ _)m

  2. yosemite より:

    そのネタ元のブログ様にこのようなことが書いてありますよ。

    2011.11.18 追記
    全世界へ向けたApple Inc.からの通達により、サポート対応の当該国以外で購入されたiPhone端末はリージョンや国にかかわらず、正式に修理不能となりました。つまり、故障端末のユーザーはその本人の責任において購入国のApple修理担当窓口まで端末を送付する必要があります。また、この対象にはiPhone 4などの過去の端末も含まれ、キャリアやロックの状態を問いません。何とも残念な結果に終わりました。

    • shimajiro より:

      >>yosemiteさん

      どうもありがとうございます。
      自身ではApple Careへの確認を行いましたが、安心というわけにはいかなさそうですね…。
      あとは実際に自分が修理する場合に、改めて調べるなりしてご報告いたしますm(_ _)m