WM3600R + UQ Wi-Fiが地下鉄駅で何気に便利

『WM3600R』は、WiMAX対応のモバイルWi-Fiルータとしては現時点で唯一の公衆無線LAN対応端末で、UQ 1 Dayの契約を含めて無料で利用可能なUQ Wi-Fiとの組み合わせが、なかなか使い勝手が良い。

■地下鉄駅でWM3600RをUQ Wi-Fiに接続してみた

UQ Wi-Fiは都営地下鉄であれば(ほぼ)全駅構内でエリア化されているのと、地下鉄駅で使えるUQ Wi-Fiは(たぶん)バックボーンが光回線なので通信速度がかなり快適(^ ^)

都営地下鉄駅のUQ Wi-Fiエリアは以下。

■都営地下鉄 以下101駅の駅構内
浅草線の押上駅を除く全駅
三田線の目黒駅、白金台駅、白金高輪駅を除く全駅
新宿線の新宿駅を除く全駅
大江戸線の全駅

対応エリアの詳細についてはUQ Wi-Fi公式サイトにて。
UQ Wi-Fi|UQ WiMAX – 高速モバイルインターネットをワイヤレスブロードバンドで実現

WiMAXの通信性能だったり、休止状態からの復帰の早さではURoad-SS10の方が使いやすいので、最近の利用頻度としてはURoad-SS10の方が利用頻度は高いけれど、都営線内のほとんどの駅を押さえているUQ Wi-Fiが、追加費用なしで使う事ができるWM3600Rは、それはそれで強いよなぁ…と思った(^ ^)

地下鉄駅はまだまだWiMAX非対応駅が圧倒的に多いので地下鉄駅エリアで日常的に使っている訳ではないけれど、地下鉄駅で急に作業が必要になった時に、あらかじめ設定を済ませておけば特別な設定なしにUQ Wi-Fi経由でインターネットに接続する事ができるのは便利だし、通信速度が速いのでストレスが少ない。

WM3600Rの公衆無線LAN接続機能で惜しいのは、docomo Wi-Fi(旧Mzone)に接続ができない事で、潜在的な利用者が多くて通信品質も他の公衆無線LANサービスと比べると品質が良いdocomo Wi-Fiに接続できないのはやや不便で、docomo Wi-Fiに接続するためのモバイルWi-Fiルータとしては未だにBF-01Bを使う事がある(^ ^;

ただ、都内ではFOMAの通信速度が非常に遅い事があるので、BF-01Bは完全にdocomo Wi-Fiとの接続用のみに使っているような状態なので、UQ Wi-Fiとdocomo Wi-Fiに両対応するモバイルWI-Fiルータが発売されたら嬉しいなぁ…と思っているところ。

WM3600Rを新規契約する場合のオススメはBIGLOBE WiMAXのキャンペーン。
「BIGLOBE WiMAX」新端末発売 Web広告限定お申し込み特典

契約事務手数料の無料は終了してしまったけれど、新規に年間契約した場合は端末代が0円&アンケート回答でキャッシュバックなどがある。
4月から取り扱いの始まったURoad-SS10も、端末代は0円なので、WiMAXだけ使う場合のモバイルWi-FiルータとしてのオススメはURoad-SS10の方。