WiMAXのブルーガチャムクモデル第二弾:家電量販店で販売が開始/Apple製品同時購入割引も

スポンサーリンク

11月から発売が開始された、WiMAXのブルーガチャムクモデル(第二弾)のWM3600RやURoad-SS10が、ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店にて販売が開始されている事が確認できた。

■ビックカメラで確認した、URoad-SS10(ガチャムクモデル第二弾)
121212 Gachamuku

ビックカメラでは新規に年間パスポートを契約した場合、ブルーガチャムクモデルのURoad-SS10 端末代が1円になるとのこと。
販売員に確認したところ、URoad-SS10についてはBIC WiMAXとの契約を解約後、別のISPとの契約が可能なモデルとなっているとのこと。

ヨドバシカメラでは、WM3600Rのブルーガチャムクモデルを販売しており、こちらは新規に年間パスポートを契約した場合、

WM3600R端末代:1円
Wi-Fi端末の割引:5,000円(iPad miniなどのAppleの最新製品のみ10,000円引き)

というキャンペーンを行っていた。
ビックカメラで販売されているURoad-SS10と同じく、こちらもヨドバシカメラとの契約を解約後、別のISPでも利用可能なモデルとなっているとのこと。

WiMAXの契約と同時にWi-Fi対応端末を同時に購入すると、Wi-Fi対応端末が5,000円引きになるけれど、Appleの最新製品(iPad mini、iPod touch第5世代など)は端末代から10,000円値引きになる。というのは、Apple製品とWiMAX対応のモバイルWi-Fiルータをセット購入する場合、かなり魅力的なキャンペーンと言えそう。

ただし、残念ながらNexus 7についてはApple製品ではないので10,000円引きにはならず、5,000円引きでの販売になるとのこと(^ ^;

WiMAXルーター + Nexus 7のセット販売では、@nifty WiMAXのURoad-SS10 + Nexus 7がセットで端末代1円なのでこちらもオススメ。

@nifty WiMAXのNexus 7 + WiMAXルーターの販売キャンペーンページは以下より。