KDDIが6月27日よりスマートフォンの下取りを開始!iPhone 4Sなどが対象

スポンサーリンク

KDDIが機種変更時のスマートフォンの下取りを、6月27日より開始することを発表している。下取りの実施店舗はauショップ&auの端末を販売する販売店。

au携帯電話の下取りプログラムの開始について│スマートフォン・携帯電話│au

KDDI、沖縄セルラー電話は、2013年6月27日より、機種変更時にお客さまが現在お使いのau携帯電話を下取りし、新しいau携帯電話の購入をサポートする下取りプログラムを開始します。

対象機種&下取り価格は以下。

対象機種 下取り価格
iPhone 4S 64GB 18,000円
iPhone 4S 32GB 16,000円
iPhone 4S 16GB 14,000円
INFOBAR A01 3,000円
AQUOS PHONE SERIE ISW16SH 3,000円
DIGNO ISW11K 3,000円

対象となる端末はiPhone 4Sのほか、Androidスマートフォン3機種のみとなっており、全機種が対象となるわけではないので注意。また、iPhone 4S以外の端末については下取り価格が3,000円と、かなり安くなっているので現時点ではあまりメリットは無さそう。

下取りは機種変更時のみ対象となり、新規およびMNP契約時は対象外となるほか、1台の電話機購入につき下取りは1台に限定されている。

上記の下取り価格が、その場でauポイントで還元され、その場で機種変更の代金の割引に利用することが可能となる。

ソフトバンクモバイルの提供する『スマホ下取り割』では、新規契約やMNPを含めて割引が可能となっているけれど『スマホ下取り割』の割引は月額料金からの割引となっており、機種変更時の端末代をその場で割引可能なauの下取りプログラムと比べると、割引期間中に解約した場合に受けられる割引の金額が小さくなっている。

auの下取りプログラムは『機種変更時のみ』と適用可能条件が(SBMと比べて)厳しくなっているけれど、機種変更時の端末代からダイレクトに割引が可能になる。という点では使い勝手が良い。
※SBMの『スマホ下取り割』は、一定期間利用しないと割引が全額適用されないので、その点は解約防止という意味ではうまくできているなぁ。と思う。