SIMフリー端末を持込するとFOMAのベーシックプランからバリュープランへ変更が可能

スポンサーリンク

ドコモのFOMA向けの音声プランを大別すると、

(1)ベーシックプラン(NTTdocomo)
⇨1,890円〜/月

(2)バリュープラン(NTTdocomo)
⇨980円〜/月

の2つがあり、基本料金はバリュープランの方が月額800円ほど安くなっているため、ベーシックプランで契約している場合は、バリュープランにプラン変更した方が月額料金が安くなる。

通常、バリュープランに変更する場合はバリュープランに対応したFOMA端末の購入が必要になるけれど、

(1)ドコモ以外から販売されているSIMロックフリー端末
(2)『技適マーク』の表示が可能な端末

上記の要件を満たす端末を所有している場合、ベーシックプランからバリュープランへのプラン変更が可能となる。(変更手数料無料)
※上記要件を満たす端末を持込して、新規契約でバリュープランを契約することも可能。

上記の内容については『FOMAサービス約款』の中にも明記されている。

契約約款 | 企業情報 | NTTドコモ

少々長くなるけれど、該当箇所を引用。
該当箇所は76ページにある以下の記載。

イ FOMA契約者は、アのいずれかの基本使用料の料金種別を選択 していただきます。

ウ イの規定にかかわらず、バリュープランの選択については、FO MAサービス取扱所において当社が定める端末設備をFOMA契約 者又はその関係者が購入した際に限り、その購入者から指定のあっ た1のFOMAにおいて、選択することができます。 ただし、バリュープランに係る料金種別相互間の変更については、 この限りでありません。

エ ウの規定によるほか、バリュープランに係る一般契約又は定期契 約を締結している者が、その契約の解除と同時に新たに定期契約又 は一般契約を締結するときは、そのFOMAにおいてバリュープラ ンを選択することができます。

オ ウ及びエの規定によるほか、FOMA契約者から当社が定める端 末設備(移動無線装置にあっては、当社が無線局の免許を受けるこ とができるものであって、技術基準適合証明規則様式第7号又は第 14号の表示により、当社が無線設備規則に適合していることが確認 できるもの及び当社のFOMAサービスの契約者回線に接続するこ とができるものに限ります。)の提示があったときは、そのFOMA 契約者から指定のあった1のFOMAにおいてバリュープランを選 択することができます。

というわけで、FOMA音声回線をベーシックプランで契約しており、バリュープラン対応端末を購入予定は無いけれどバリュープランへ変更したい。

という場合は技適マークを表示可能かつ、ドコモ以外から販売されているSIMロックフリーの電話機を持ち込んで、プラン変更することで毎月の通信料を安くすることが可能になる。

『技適マークが表示可能かつ、ドコモ以外から販売されているSIMフリー端末』として販売価格が安い端末を探してみたところ、最近発売されたモバイルWi-Fiルータ『AWR-100TW』が、10,000円以下で販売されているのでこちらの端末を持込してプラン変更するというのもありかも。

AWR-100TW ホワイト 3G シムフリー WiFi ルーター SIM Free AWR-100TW ホワイト 3G シムフリー WiFi ルーター SIM Free

セントレード
売り上げランキング : 6547

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ベーシックプラン ⇨ バリュープランへのプラン変更手続きについてはモバイルWi-Fiルータでも手続きが可能である旨を、ドコモのサポートセンターで確認済み。