Gmailの『新しいウィンドウで返信』はショートカットキーShift + rで実行可能

スポンサーリンク

Gmailでメールを返信する際に『新しいウィンドウで返信』する操作が、ショートカットキー Shift + rで実行可能だったことに気がついた。

Gmailのキーボードショートカットは以下より。

キーボード ショートカット – Gmail ヘルプ

ショートカット『r』では通常の返信に割当られており、
『shift + r』では『新しいウィンドウで返信』の動作になる。
※というか、Gmailのショートカットでshiftを押しながらだと異なる操作になることがあるのを初めて知った。

キーボード ショートカット Gmail ヘルプ

■ショートカットキー『r』で実行する通常の返信機能
Gmailの返信操作(通常時)

■ショートカットキー『shift + r』で実行すると『新しいウィンドウで返信』
Shift + Rで呼び出す『新しいウィンドウで返信』

個人的には、受信した内容を参照しながらメールを返信することが多く、『新しいウィンドウで返信』を利用する機会が多かったので、shift + rで『新しいウィンドウで返信』が実行できるのは有り難く、これまで知らなかったことを軽く後悔していたり。

Gmailのショートカットキーは『覚えると便利』かつ、他のWebアプリケーションでも共通で使えるものが多いので、覚えておくと非常に効率的に利用することができるので、頻繁に利用する方はショートカットキー操作を覚えておくことをオススメ。

個人的に利用する機会の多いショートカットは以下。

・g ⇒ i:[受信トレイ]を開く
・g ⇒ a:[すべてのメール]を開く
・g ⇒ s:スターのついたスレッドを開く
・u:スレッドリストに戻る
・j/k:前のまたは次のスレッドに移動
・p/n:前のまたは次のメールを開く
・Enter:メールを開く

・r:返信
・c:メール新規作成
・/:メール検索
・?:ショートカットヘルプ
・s:スターを付ける/解除
・y:メールをアーカイブ
・x:スレッドを選択
・l:ラベルを付ける

他にも多数の便利なショートカットがあるので、少しずつでも覚えてモノにしていくと便利になる(^ ^)