海外で現地プリペイドSIMを利用する際はフィルタリングに注意

海外の通信手段は基本的にSIMフリー端末 + 現地のプリペイドSIMの組み合わせで使うことが多いけれど、その際に困るのが現地回線でフィルタリングの対象となっていて閲覧できないサイトがあることで、フィルタリングの対象となりそうなアダルトなどのサイト以外にも、CGM系のサービスを行っているドメインなどはフィルタリング対象となっている場合がある。

■インドネシア:TELKOMSEL回線でフィルタリング対象となった場合に表示される画面
Internet Filtering
※上記はアクセス解析サービスの忍者ツールズにアクセスしようとした際に表示されたフィルタリングの画面。

今のところ、フィルタリング対象になっているサイトがあって致命的に困ることは無いし、プロキシを経由してアクセスをするなど、フィルタリングを回避する方法は多々あるので、それほど困ってはいないけれど、自分が普段使っているサイトが現地回線からだとフィルタイリング対象になっている場合に困る。という方は、現地回線のフィルタリングを回避する方法を覚えておいた方がベター。

個人的に一番簡単なのは、Operaブラウザの『Opera Turbo』などを使ってプロキシ経由でWebサイトにアクセスすることで、Opera Turboを使うと、通信量を削減することも可能になるので、フィルタリングの回避と合わせて一石二鳥。

Opera Turboについては以下より。
Opera ヘルプ: Opera Turbo

そんなわけで、海外の現地回線からインターネットを利用する場合は、日本とは異なってフィルタリング対象となって閲覧できないWebサイトがある。というのを記憶しておくと良いかなと。

コメント

  1. […] 海外で現地プリペイドSIMを利用する際はフィルタリングに注意 […]

  2. くまのともだち より:

    中国のファイヤーウォールはプロキシくらいではなかなか突破できないのでVPNが必要ですね。このブログも中国では表示できたりできなかったりでした(ツイッターやアフィリエイト関連の埋め込みがあるせいだと思いますが)。VPNを使えば確実に表示できました。中国でもドコモ等のローミングは規制されていないようです。