『OCN モバイル ONE』のSMS機能対応は12月中旬以降を予定

スポンサーリンク

NTTコミュニケーションズが提供する『OCN モバイル ONE』にて、SMSに対応したSIMカードの提供を12月中旬以降に開始予定であることが、10月31日付のプレスリリースにて告知されている。

NTTコミュニケーションズのプレスリリースは以下より。

ニュース 2013年10月31日:利用スタイルにあわせて通信容量や速度を自由に選択できる「OCN モバイル ONE」の機能・販売チャネル拡充について | NTT Com 企業情報

今回のプレスリリースは、『OCN モバイル ONE』で容量追加オプションが利用できるコースの拡大、販売チャネルの追加、動作確認済み機種の追加にあわせて『今後の展開予定』としてSMS機能付きのSIMカード提供予定を12月中旬以降実施予定であることを発表している。

4.今後の展開予定
~ SMS機能付きSIMの提供(12月中旬予定) ~

お客さまからご要望の多いSMS(ショートメッセージサービス)機能の提供を12月中旬に予定しています。ショートメッセージが利用できるようになるほか、機種によって生じているアンテナピクトが表示されない問題とバッテリーの消費が早くなる問題も解決されます。あわせて、現在ご利用中のSMS機能がないSIMカードからSMS機能付きSIMカードへの交換にも対応予定です。

ドコモのMVNOのデータ通信サービスでは、IIJmioが10月よりSMSオプション対応SIMカードの提供を開始しており、SMSオプションの提供によって、スマートフォン上でアンテナピクト(電波状態)が正しく表示されなかったり、機種によってはバッテリー消費が激しくなる問題を解決している。(SMSはオプション提供されており、SIMカードは交換が必要)
関連エントリ:IIJmio高速モバイル/D 10月よりSMS対応SIMを提供!iOS 7で通信できない一部端末の問題も解決 | shimajiro@mobiler

『OCNモバイルONE』では、現在提供しているSMS機能に非対応のSIMカードと、SMS機能対応のSIMカードの交換に応じる。とはしているものの、具体的な費用などは非公開。

既にSMSオプションを提供中のIIJmioでは、SIMカードの交換手数料がSIMカード1枚につき2,100円の手数料が設定されているため、OCN モバイル ONEでも同じぐらいの価格の手数料が設定されることが予想される。

MVNOのデータ通信サービスは、OCNやIIJなどの各社のサービスが競いあってサービス内容の拡充や値下げが行われているので、引き続き目が離せない市場となっている。

OCN モバイル ONEのAmazonでの販売ページは以下より。
※SMS対応SIMカードは11月5日現在提供されていない。

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE マイクロSIMパッケージ T0003670 NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE マイクロSIMパッケージ T0003670

NTTコミュニケーションズ 2013-08-29
売り上げランキング : 20

Amazonで詳しく見る by G-Tools