2013年11月分:MVNO各社のWM3800Rキャンペーン比較

スポンサーリンク

WM3800Rを新規購入する場合の2013年11月現在のWiMAXキャンペーン比較。

■前提条件
・WM3800Rを新規に年間パスポート契約する場合

事業者名 So-net @nifty WiMAX BIGLOBE WiMAX
カラー モモフライトピンク
クールグレイ
ブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト
ピンク
ハローキティ
インディゴ
ブラック
ホワイト
ピンク
端末代金 0円 1円 0円
クレードルセット 0円 1円 1,995円
契約事務手数料 0円 0円 3,150円
通信料(月額) 3,800円/月 3,853.5円/月 3,801円/月
登録月の通信料 0円 0円 0円
年間契約時
解除料金
1年目:9,975円
2年目以降:5,250円
1年目:9,975円
2年目以降:5,250円
1年目:9,975円
2年目以降:5,250円
その他解約金 最低利用期間(利用開始から24ヶ月後の末日)までにSo-netを退会した場合、追加で15,000円の解約金が発生。 なし
※タブレット(ideaTab A1000)セットの購入の場合
契約から1年目の契約解除料金が 9,975円 ⇒ 25,725円になるので注意。
なし
解約後の他事業者との契約 可能 不可能
※URoad-Aeroは可能。
可能
キャッシュバックなど ■20,000円キャッシュバック
申込から6ヶ月後の月末時点でキャンペーン対象サービスの利用確認ができた場合、6ヶ月後の15日に20,000円キャッシュバック

または、ASUS MeMO Pad HD7(White)をプレゼント。

■11,900円キャッシュバック
開通月を含む9か月目に現金で振込
※タブレット(ideaTab A1000)セットの購入の場合キャッシュバックは対象外。
■最大 17,000円 キャッシュバック
サービス開始月を1カ月目として、3カ月目の末日まで契約を継続した場合、Webアンケートに回答で7,000円キャッシュバック
さらに、20ヶ月目の月末まで利用を継続すると+10,000円キャッシュバック
キャンペーン期限 2013年11月30日 2013年11月30日 2014年1月5日

以下、各社のキャンペーン内容の紹介。

So-net WiMAX:20,000円キャッシュバックまたはASUS MeMO Pad HD7がプレゼント

So-net WiMAXはWM3800Rのクレードルセットが端末代&クレードル代&契約事務手数料無料の『初期費用完全無料』となる上、現金20,000円キャッシュバックまたはAndroidタブレットのASUS MeMO Padがプレゼントされるキャンペーンを行っている。

現金20,000円キャッシュバックキャンペーンは10月から引き続き実施されているけれど、11月になってからは新たにASUS MeMO Padのプレゼントも選べるようになっているので、Androidタブレットとセットで使いたい。という方はキャッシュバックではなくAndroidタブレットとのセットを選ぶのも良い。

So-netのキャンペーンは、『契約から二年以内のSo-net退会』をした場合、WiMAXオプションの契約解除料(9,975円)とは別途、15,000円の解約金が発生する点には注意が必要。
※契約更新タイミングでWiMAXオプションを解約の上、接続従量コース(105円/月)に変更することで、解約料の発生を回避することが可能。
関連エントリ:So-net:WiMAXオプション解約後『接続従量コース』へ変更すると105円/月で契約維持が可能 | shimajiro@mobiler

So-netは2013年以降、WiMAXでかなり手厚いキャンペーンを行っているけれど、10月31日より開始された『WiMAX 2+』については参入するMVNOとして名前が出ていないので、今後WiMAX 2+への参入する予定なのかは不明。

So-net WiMAXのキャンペーンページは以下より。

@nifty WiMAX:キャンペーン内容はシンプル/契約期間は1年

@nifty WiMAXでは『WM3800Rのクレードルセットが1円』をベースに、

A.11,900円のキャッシュバック
B.ideaTab A1000のプレゼント

のどちらかの特典が選べる。

Bのタブレットセットを選んだ場合、契約から1年以内の解除料が9,975円 ⇛ 25,725円と高額に設定されているので、タブレットセットを選んだ場合は契約から1年以内の解約には要注意。
※キャッシュバック特典を選んだ場合、解除料の値上げは適用されない。

So-net WiMAXのキャンペーンと比べるとキャッシュバック金額は小さいものの、@nifty WiMAXの契約期間は1年契約となっているため、将来的にはWiMAX 2+対応端末を購入する場合でも、So-netと比べて契約期間の縛りが緩い点は@nifty WiMAXのメリットと言える。

@nifty WiMAXのキャンペーンは以下より。

BIGLOBE WiMAX:キャッシュバックは最大17,000円(変更なし)

BIGLBOE WiMAXのキャンペーンでは、

(1)契約から3ヶ月目の末日まで ⇛ 7,000円キャッシュバック
(2)契約から20ヶ月目の末日まで ⇛ 10,000円キャッシュバック

と、2つのタイミングでキャッシュバックを受取可能で、受取可能なキャッシュバックの合計金額は17,000円となる。

一方で、『契約から1年間で受け取れるキャッシュバック』を比較すると、

契約から1年間で受け取れるキャッシュバックの金額は、

1位.So-net:20,000円
2位.@nifty WiAMX:11,900円(タブレットセットでない場合)
3位.BIGLOBE WiMAX:7,000円

となり、BIGLOBE WiMAXのキャンペーン内容は他の2社と比べると見劣りする。

キャッシュバック金額および条件が他社キャンペーンと比べると渋いだけでなく、初期費用についても契約事務手数料が有料(3,150円)だったり、クレードル代が1,995円と、こちらも同じく費用が発生するため、『WM3800Rがクレードルセットで端末代無料』(@niftyは厳密には1円)となっている他社キャンペーンと比べると少々見劣りする。

BIGLOBE WiMAXのキャンペーンは以下より。

まとめ:WiMAX 2+までの『つなぎ』に1年間の契約はあり

WiMAXは後継となる『WiMAX 2+』サービスが開始されているので、大きな流れとしては今後WiMAX 2+にシフトしていく流れが予想される。

そんなタイミングでもWiMAXを使い続けるメリットとしては、

・対応端末の完成度が高い
・月額料金がWiMAX 2+よりも割安(キャッシュバックなどの特典を含めて考えると)
・初期費用が完全無料などのキャンペーンが行われている
・契約期間が基本は1年間と短い(WiMAX 2+は二年間が基本)
・WiMAXの通信性能は『WiMAXハイパワー』への対応により優秀

と言った点があり、WiAMX 2+のエリアになるのがまだまだ先の予定の方や、端末の完成度や通信料の安さにこだわるのであれば、現行のWiMAXを使い続ける。というのも有力な選択肢になると思う。

WiMAX 2+のキャンペーン比較については以下エントリにて。
WiMAX 2+はどこのプロバイダがお得?UQ、@nifty、BIGLOBEの3社のキャンペーン比較 | shimajiro@mobiler