ScootとNok Airが共同で新しいLCC『NokScoot』を設立!日本へも就航か

スポンサーリンク

アジアトラベルノートさんのBlogエントリで知った情報。

シンガポールを拠点にするLCC、Scoot(スクート)と、タイを拠点にするLCC、Nok Air(ノックエア)が共同出資し、NokScoot(ノックスクート)を設立することがバンコクポストにて報道されている。

バンコクポストの記事は以下より(英語)

Nok Air joins with Singapore’s Scoot | Bangkok Post: business

NokScootは2〜3機のScootのB777-200で運行を開始し、機体はノックエアのカラフルな鳥のモチーフに塗装される予定。

NokScootは、Nok Airが拠点としているバンコクのドンムアン空港(DMK)を拠点とする。就航予定の都市は明らかにされていないものの、日本、韓国、中国など東アジアの各都市へ就航する見込みで、NokScootはエアアジアグループのタイ・エアアジアXが就航を検討している路線へ対抗することが目的に設立される模様。

The LCC will initially operate flights to East Asia _ Japan, South Korea and northern China, routes that offer strong traffic potential at both ends.

NokScootは使用する機体がB777となっているので、LCCの長距離線で使われることの多いA330と比べると、飛行中の居住性が高く、快適に移動することができることに期待したい。(実際、Scootの成田 ⇔ 台北便などは、LCCとしてはかなり快適に過ごせた。)

scootはB787を2014年11月に日本路線に投入する予定であることを発表しており、拠点とするシンガポールまたは、タイからB787を使った日本線への就航の可能性もあるもかも
関連エントリ:Scoot、B787を2014年11月に日本路線に投入!日本では旅行代理店経由での販売が8割 | shimajiro@mobiler

タイを拠点にする『タイ・エアアジアX』のタイ ⇔ 日本線就航は、以前より噂がありながらも、現時点で具体的な就航計画などの発表はされておらず、現時点では日本就航に関する確実な情報が無い状態なので、新しく設立されるNokScootによる日本線就航にも期待したいところ(^ ^)

エアアジアXが『タイ・エアアジアX』を設立/バンコク ⇔ 日本も就航を計画! | shimajiro@mobiler

Scootの成田 ⇔ 台北の搭乗レポートは以下より。
Scoot 台北 ⇒ 成田 TZ 202便 エコノミークラス搭乗記(2013年3月) | shimajiro@mobiler