シンガポール チャンギ国際空港でSingTelの4G LTE対応プリペイドSIMカードを購入!

シンガポールのチャンギ国際空港にて、SingTelの4G LTE対応プリペイドSIMカード(nanoSIM)を購入することができた。

■購入したSingTelのnanoSIM
シンガポール チャンギ国際空港でSingTelの4G LTE対応SIMカードを購入してみた

SIMカードの販売価格はSGD 38(約 3,000円)となっており、初期残高もSGD 38と同額。
SIMカードに『FREE 1GB DATA』と記載のある通り、1GB分のデータ通信が無料になっているのは嬉しい。

SIMフリーのiPhone 5s(日本モデル)で試した限り、テザリング利用についても問題なかった。

■SIMカードを購入した両替所(RHB)
SIMカードを購入した両替所

SingTelのSIMカードは『RHB』の両替所で販売されており、チャンギ空港内の両替所でも入手することが可能。今回は『在庫無し』とのことだったけれど、通常はmicroSIM/ノーマルSIMタイプのものも販売しているとのこと。

入国審査前にSIMカードを購入することができるのは、チャンギ空港ならではかも。SIMカードの購入にあたってはパスポートの提示が必要になる。

■データ通信料金プラン
SingTel データ通信料金プラン

SingTelのプリペイド向けデータ通信の料金プラン(データ容量多めのプラン)は、

1日定額(2GBまで):SGD 6
3日定額(6GBまで):SGD 15
7日定額(14GBまで):SGD 25

となっており、滞在期間&必要となる日数に合わせてプランを選べるものの、東南アジア諸国と比べるとどうしても割高。というイメージが拭えないのは仕方の無いところで、シンガポールへの短期滞在であればなかなかプリペイドSIMを契約するメリットが見いだせないかもしれない。

データプランをアクティベートする方法は、SingTelのプリペイドSIMを挿した状態の電話機から『*363』宛に『発信』を行い、プラン登録を行う。インターネットプラン登録までの流れは以下。
※今回はiPhone 5sでプラン登録を行ってみた。

■『*363』宛に『発信』操作を行う
『*363宛』に『発信』

SMSによってメッセージが返送されるので、メニューに従ってプラン登録を続ける。

■1.Prepaid Data Plansを選択
1.Prepaid Data Plans

■2.Subscribe to Prepaid Data Plansを選択
2.Sbuscribe to Prepaid Data Plans

データプランが表示されるので、登録するデータプランの番号を返信する。

■登録するデータプランの番号を返信する
プラン選択

■内容を確認の上問題なければ『1』を返信する
データプラン登録確認

正常にプラン登録が完了すると、結果を通知するSMSが届く。

■データプラン登録完了SMS
データプラン登録完了SMS

その他SingTelのプリペイド向けデータプランについては、SingTelのWebサイトにて公開されている(英語)

Data Bundles | SingTel
Data Bundles SingTel

チャンギ空港内で行ったスピードテスト結果については以下。

■スピードテスト結果:Ping 26ms/下り 30.61Mbps 上り 10.56Mbps
スピードテスト結果

それほど電波状態が良い状態とは言えない中でも、下り通信速度が30Mbpsを超えるなど速度は極めて快適。SingTelはチャンギ空港内の一部で下り最大150Mbpsのサービスを提供しているけれど、それ以外の街中でも4G LTE接続時の通信速度はかなり快適で、滞在中の通信環境を重視する場合は、プリペイドSIMを買ってLTEで利用するだけのメリットはあるように思う。(先述の通り、他のアジアの国々に比べるとコスト的には割高にはなるけれど…。)

シンガポール滞在中に試した限りでは、かなり広いエリアで室内・屋外共に4G LTEのエリア整備がされており、なおかつ3Gでも通信速度が極端に落ちる事が無かったので、それらを含めてシンガポールでの通信環境は『極めて快適』であり、少々値段が高めではあるシンガポールのプリペイドSIMも、現地でのインターネット環境を重視する方にはオススメする価値がある。

■マリーナ・ベイ・サンズのプール脇でもLTE接続を確認
マリーナ・ベイ・サンズのプール脇でもLTE接続