最安150円/1時間で仮眠できる関西国際空港の『Refresh Square』に宿泊

スポンサーリンク

関西国際空港の第一ターミナルの真向かいにある商業施設『エアロプラザ』にある簡易宿泊施設『Refresh Square』に宿泊してみたので宿泊レビュー。

関西国際空港の公式サイトでの紹介は以下より。
関西国際空港|サービス施設|待ち時間にリラックス|REFRESH SQUARE

■関西国際空港:エアロプラザ内『Refresh Square』
140228_Refresh Square_01正面

料金は最初の4時間が250円/30分で、4時間目以降は150円/30分となる。
なお、無料で発行できる『KIX-ITMカード』を持っていると料金が半額となり、割引後は最初の4時間が125円/30分、以降は75円/30分とかなり安い価格で利用が可能。
⇒ 料金を単純化すると、KIX-ITMカード割引後の金額は、1,000円/4時間 + 150円/1時間の計算となる。(実際には30分単位で料金が発生する)

■今回利用した個人ブース(リクライニングチェア有)
利用した個人ブース

■フラットタイプ(?)のブース
個人ブース_リクライニングチェアが無いタイプ

スタッフによると、リクライニングチェアが無いフラットタイプの方が人気で、こちらの方が先に満室になることが多い。とのこと。自分はPCを使った作業がしたかったので、リクライニングチェア有のブースを利用した。

■PCの作業をすることもいちおう可能
パソコンを使った作業も可能(広くは無い)

備え付けのデスクなどを使って、PCを使った作業を行うことも可能。
※但し、デスクそのものは大きくは無いので、大型のノートPCだと厳しいかも。自分が使ったのはMacBook Airの11インチ。

■AC電源はライトの他に1つ
電源はライトの他に1つ

AC電源は、備えつけのライトの他に1つあり、PCやスマートフォンなどなどを充電可能。

ただし、施設内は全体的に薄暗くなっていることや、机がそれほど広く無いことで、PCを使った作業に向いているというよりは、休憩(仮眠)用に使う。という用途向き。なお、ブランケットの貸出は無料。

■各ブースの仕切りはこんな感じ
各ブースの仕切りの様子

個人ブースはドアが無いタイプで、カギをしめることができないので、トイレなどでブースを離れる際は貴重品の管理にご注意を。

■ソフトドリンクが飲み放題
ソフトドリンクが飲み放題

飲み放題のソフトドリンクは、コーヒーの他、ウーロン茶、コーラなど。

本来は『PCを使った作業をする』という目的で利用したRefresh Squareだけれど、予想外にブース内が暗かったこと&室温が高くて暑かったことなどなどから、PCを使った作業を行うには向かず、基本的には『仮眠/睡眠を取る』という目的での利用をオススメ。
⇒特に、LCCの早朝便を利用するために前日深夜から関空に前泊する場合、大阪市内などのホテルに泊まるよりも安い上に、寝坊する心配も(比較的)小さくなるので、有効に活用できそう。

『PCを使った作業をする』という意味では、Refresh Squareの外にあるテーブル席の方が照明が明るく、また机も広いのでこちらの方が快適ではあるかも。(利用は無料。但し電源などは無い)

■Refresh Squareの入口前にあるテーブル席
Refresh Square前のテーブル席

なお、2日連続で深夜には満室となっていたので、場合によっては満室で利用できないことがある。というのも覚えておくと良さそう(^ ^;

Refresh Squareに似たような施設としては、第一ターミナル側にいわゆるインターネットカフェである『KIXエアポートラウンジ』があり、こちらはマンガや雑誌などを読むことができる他、シャワー(有料)を浴びることも可能。全体的にRefresh Squareよりも設備は充実していると言える。

このほか、関西国際空港に隣接する「エアロプラザ」内には、2017年3月より「ファーストキャビン関西空港」(公式Web)がオープンしており、通常のホテルと比べて割安に宿泊できる。(ショートステイもあり。)

ファーストキャビン関西空港(楽天トラベル)