関西国際空港 第一ターミナル内がXiの下り最大150Mbps対応エリアになっていた

スポンサーリンク

関西国際空港の第一ターミナルが、Xiの下り最大150Mbpsエリアになっていた。

■EMOBILE LTE対応の『GL01P』でドコモのLTE Band 3(下り最大150Mbps)の電波をキャッチ
関西国際空港 国内線到着ロビー付近

Xiの下り最大150Mbpsエリアになっていることを確認したのは、関西国際空港第一ターミナルの国内線到着ロビーの出口付近で、関西国際空港の第一ターミナル内はXiの下り最大150Mbpsに接続が可能になっていると思われる。

Xiの速度別エリアマップを見ると、関空の第一ターミナルの下り最大150Mbps対応は2014年2月末の時点で対応が行われていた模様。(確認したのは2月の26日)

■Xi 速度別 エリアマップ
NTTドコモ エリアマップ

但し、エアロプラザ内の『Refresh Square』内では下り最大150Mbpsの電波はそれほど強く無い(接続自体は可能)上に、LCCのPeachが離発着する関空の第二ターミナルについては、相変わらずドコモの通信状態は良くなかった。というのは付け加えておきたいところで、関西国際空港は第二ターミナルの電波状況改善もぜひお願いしたいなと。
⇒Xiの速度別エリアマップを見る限り、2014年8月末までのエリアでも、関空の第二ターミナルがきっちりとはエリア化される予定になっていないのは残念…(第一ターミナルに近いエリアはエリア化される予定)

ちなみに、成田空港については2014年7月末までにXiの下り最大150Mbpsエリア化予定となっている。
関連エントリ:成田空港の電波状況調査:WiMAX 2+/ドコモの下り最大150Mbpsに非対応 | shimajiro@mobiler