セブ・パシフィック航空、3月30日より成田&名古屋 ⇔ マニラに就航開始!

フィリピン最大のLCC『セブ・パシフィック航空』が2014年3月30日より成田&名古屋 ⇔ マニラ線に新規就航する。

セブ・パシフィック航空の日本就航都市は、大阪(関空) ⇔ マニラに続いで3都市となり、成田および名古屋からLCCでのフィリピン(マニラ)へのアクセスが改善する。

セブ・パシフィック航空の就航を記念した投稿(Facebook)は以下にて。

セブ・パシフィック航空以外でも、フルサービスキャリアであるフィリピン航空が、同じく3月30日より羽田 ⇔ マニラ線へ新規就航することで、LCC以外でもフィリピンへのアクセスが改善する。

各社の新規就航後の状況としては、東京(羽田&成田) ⇔ マニラ間は11往復/日となり、非常に多くの便が同路線に就航する形となる。
※個人的には供給過多な気もするけれど…(^ ^;

ともあれ、LCCの運賃で気軽にフィリピンに行けるようになった(大阪以外からも)のは歓迎すべきで、フィリピンへの旅行や語学留学を検討中の方には嬉しい新規就航になるのかなと。

セブ・パシフィック航空は運賃が日本 ⇔ マニラの運賃が1ペソや100円になるセールを頻繁に行っているので、マニラ経由で各都市へアクセスする予定のある方は、セブ・パシフィックのセール内容をチェック。

セブ・パシフィック航空でアクセスできる都市については『Help Point』さんのBlogエントリが詳しいのでご紹介まで。一例を挙げると、マニラ経由でのドバイは20,000円/片道程度で、フルサービスキャリアと比べると非常に安い価格でアクセスが可能。

セブパシフィックがまた1ペソセールを開催中!マニラで乗り換えたらどこに安く行けるか調べてみる | Help Point

いつも調べるドバイ。
時間的に同日乗継は不可能なので、マニラで1泊する必要があるでしょう。
料金は片道tax込で20697円。