韓国で購入可能なプリペイドSIM『EG SIM』のアクティベーション方法と注意点まとめ

スポンサーリンク

韓国で購入可能なプリペイドSIMカード『EG SIM』の開くティべーション方法のご紹介。

SIMカードの購入については以下エントリにて。

EG SIMのアクティベーション方法は、

1.http://m.egsimcard.co.kr/ アクセス
2.必要事項を記入して登録を行う
3.登録が完了すると10分程度で利用可能

となっており、フローとしては簡単だけれど、そもそもSIMカードのアクティベーションのためにインターネットに接続する必要があるので、SIMカードが利用可能になる前に、インターネットに通信可能な環境を準備した上でアクティベーションを行う必要があるのと、SIMカードのアクティベーションの営業時間中でないとすぐにはアクティベーションが受け付けられない。という点で、この二点には注意が必要。

[営業時間]
月曜日 〜 金曜日:9:00 〜 22:00
土日&祝日:9:00 〜 18:00
※上記時間帯以外に申請を行った場合、翌営業日の営業時間内の確認となるため、すぐに利用を開始することができない。

■アクティベーション用のサイトに接続
アクティベーション用のサイトに接続する

インターネットに接続されている状態でアクティベーション用のサイトに接続する。
アクティベーション用のサイトURLは以下。

SIMカードが開通前にアクティベーション用のサイトにオンラインでアクセスする必要がある。

というのは割とハードルが高いというか、アクティベーション前でもこのURLだけは接続ができるようになるとか、販売店などなどで手続きが可能になるように改善されるべきとは思うけれど、現状では何らかの手段でインターネットに接続して、アクティベーション用のサイトにアクセスを行う必要があるので、この点は注意。

自分の場合は、別途モバイルWi-Fiルータのレンタルをしていたので、そちらの回線経由でアクセスした。

■言語の選択画面
日本語表示にも対応している

言語の選択画面。日本語にも対応しているのは嬉しい。

■利用規約
利用規約

SIMカードのアクティベーションの営業時間が記載されている。

■必要事項の入力
携帯電話番号、SIMカードの製造番号を入力

SIMカードのアクティベーションに必要になる必要事項を入力して送信する。
必要事項は以下の4点。

(1)携帯電話番号(SIMカードのパッケージに記載されている)
(2)SIMカードの製造番号のうち、下3桁
(3)メールアドレス
(4)パスポート(画像送信する)

注意するのは(2)のSIMカードの製造番号下3桁で、SIMカードをスマートフォンなどに入れた状態では確認できない(SIMカードを一度取り外しする必要がある)ので、SIMカードをスマートフォンなどに挿入する前に、SIMカードの製造番号下3桁をメモしておくことをオススメ。

必要事項の入力が完了すると、申請完了画面が表示される。

■申請完了画面
申請完了画面

この状態で約10分ほど待機していると、申請を行ったSIMカードで通信を行うことが可能になった。

SIMカードのアクティベーションにあたり、何らかのチェックが必要になる形でのアクティベーションは初めてだったので、『すぐに利用が可能になるか?』は少々不安だったけれど、大きな問題なくアクティベーションが完了して利用可能になった。

EG SIMのアクティベーションは、慣れてしまえば簡単ではあるものの、

・SIMカードを使った通信が可能になる前に、インターネット環境から登録を行う必要がある。
・営業時間が限られており、営業時間外は申請を行っても確認作業が行われない。

という点には注意が必要。(どちらも割と大きな注意点かなと思う)

その他、購入時には気がつかなかった(特に注意などもされなかった)のだけれど、EG SIMは『一人(1パスポート)につき一枚まで』という制限がある模様で、購入したSIMカードの二枚目をアクティベーションしたところ、それまで利用可能だった一枚目のSIMカードを含めて、両方のSIMカードが利用不可能になってしまったので、複数台の端末でSIMカードを利用したい。という方はご注意を。

■プリペイドSIMは一人一枚までという注意書き
EG SIMカードに関する✔ポイント

EG SIM以外の通信手段として、データ通信はそれほど行わず、音声通話が目的ということであれば、ドコモが提供している『海外プラスナンバー』というサービス(300円/月 ※日割り可能)を契約すると、韓国国内の電話番号が利用可能となり、その番号宛の電話については着信料無料、発信も国際ローミングと比べて割安になるので、音声通話が目的かつドコモ回線を契約している方には海外プラスナンバーの利用もオススメ。

ドコモの海外プラスナンバーに関しては以下エントリにて。
韓国での音声着信が無料になる『海外プラスナンバー』をSIMフリーのiPhone 5sで使ってみた | shimajiro@mobiler