Galaxy Note5 デュアルSIMに関する仕様 – LTEデータ通信 + GSM音声通話が可能

スポンサーリンク

台湾で販売されているGalaxy Note5(SM-N9208)のデュアルSIMに関する仕様のメモ。

■台湾向けのGalaxy Note5はデュアルSIM仕様
台湾向けのGalaxy Note5はデュアルSIM仕様

Galaxy Note5のデュアルSIM仕様は「どちらのSIMスロットもLTE通信が可能(但し同時は不可)、音声通話待受は片側GSM」の仕様となる。Galaxy Note5のデュアルSIM仕様に関する説明は以下にて。

■データ通信有効のSIMが4G+/音声通話側がGSMに接続
Galaxy Note5のデュアルSIM仕様

上記の状態でSIMカードのステータスを確認すると、以下のようになる。

■SIMカード1(台湾モバイル)のステータス:LTE接続
SIMカード1のステータス

■SIMカード2(中華電信)のステータス:GPRS接続
SIMカード2のステータス

データ通信を「SIMカード1(台湾モバイル)」から「SIMカード2(中華電信)」に切替すると、SIMカード1がGPRS接続に、SIMカード2がLTE接続(データ通信有効)の状態に切り替わる。

■データ通信を行うSIMカードを切替
データ通信を行うSIMカードを切替
モバイルネットワーク切替の表示
データサービスネットワークを検索
ネットワークモードを変更

切替が完了すると、SIMカード2(中華電信)がLTE接続となる。

■SIMカード2がLTE接続
SIMカード2(中華電信)がLTE接続

■SIMカード1(台湾モバイル)のステータス:GPRS接続
SIMカード1(台湾モバイル)のステータス

■SIMカード2(中華電信)のステータス:LTE接続
SIMカード2(中華電信)のステータス

モバイルネットワークの設定画面を開くと、SIMカード1のネットワークモードが「2Gのみ」に、SIMカード2のネットワークモードが「4G/3G/2G」に設定されており、SIMカード1を「4G/3G/2G」に設定しようとすると、両方のSIMスロットを同時に「4G/3G/2G」に設定はできないため、SIMカード2が「2G」に設定される。

■「4G/3G/2G」に設定できるのはどちらか一方のみ
ネットワークモードの切替
ネットワークモードを変更
2枚のSIMカードで同時に4Gまたは3Gネットワーク接続は不可

と言うわけで、残念ながらGalaxy Note5では「2つのSIMカードで同時にLTE通信」あるいは「2つのSIMカードで両方3G待受」は行えない。