SIMロック解除したXperia Z2を使って香港のプリペイドSIMでLTE通信&テザリングが使えるかを検証

SIMロック解除したXperia Z2(SO-03F)を香港のプリペイドSIMで使用してみたのでレポート。

■使用環境
端末:Xperia Z2(SO-03F) SIMロック解除済
OSバージョン:Android 4.4.2
ベースバンドバージョン:8974-AAAAANPZQ-00013-02 ※2014年6月18日(水)時点で最新状態
試したSIMカード:中国移動香港/SmarTone/3HK

■SIMロック解除したXperia Z2を香港のプリペイドSIMで使う
SIMロック解除したXperia Z2を香港のプリペイドSIMで使う
※写真はSmarToneのSIMカードで使用した状態

■今回試したSIMカード(写真はSmarToneと中国移動香港のみ)
SmarToneと中国移動香港のプリペイドSIM

今回の検証結果は以下。

SIMロック解除したXperia Z2を香港のプリペイドSIMで使う

Xperia Z2 APN設定 LTE通信 テザリング
中国移動香港 手動設定が必要
APN:CMHK
ユーザ名:なし
パスワード:なし
SmarTone 手動設定が必要
APN:SmarTone
ユーザ名:なし
パスワード:なし
3HK 手動設定が必要
APN:mobile.lte.three.com.hk
ユーザ名:なし
パスワード:なし
不明

3社共通の仕様として、APNは自動読込されないので手動で設定する必要があった。

この仕様は、SIMロックを解除したドコモ端末の中では共通の仕様と思われるので、SIMロックを解除したドコモ端末を海外のSIMカードで利用する際は、手動でのAPN設定が必要になる。ということを覚えておいた方が良いかなと。
※なので、SIMカードを購入時にAPNを確認するか、事前にAPN内容を調べることをオススメ。

Xperia Z2(SO-03F)でのテザリングについては3社とも利用可能。この点は、Xperia Z2を台湾のSIMカードで利用した際と同じく『ドコモ以外のSIMカードを利用した際に、APNが自動的に切り替わらない』仕様になっているものと思われる。
関連エントリ:SIMロック解除したXperia Z2(SO-03F)、ドコモ以外のSIMカードでもテザリング利用可能 | shimajiro@mobiler

LTE通信については、中国移動香港とSmarToneの2社で利用可能なことを確認。3HKについては、今回試した限り(ホテルでのみ利用)LTEでの通信を確認できなかったけれど、そもそも販売されているプリペイドSIMがiPhone 5sやiPhone 5c向けのnanoSIMのみとなっているので、Android端末で利用する方は少ないかなということで細かな検証結果については割愛。
※3HKのSIMカードを使って、SIMフリーのiPhone 5sではLTE接続が可能であることを確認済み。

3HKの4G LTE SIM + SIMフリーのiPhone 5sでの検証は以下エントリにて。

香港、3HKのプリペイドSIM(nanoSIM)をSIMフリーのiPhone 5sで使う | shimajiro@mobiler

香港の通信事業者『3』(以下、3HK)のデータ通信専用のプリペイドSIM(LTE対応)をSIMフリーのiPhone 5sで使用してみた。

中国移動香港とSmarToneのプリペイドSIMをXperia Z2で使ってみると、香港の市街地のほとんどの場所でLTE通信が利用可能であり、なおかつ『LTEに繋がりやすい』挙動になっていることが確認できた。『LTEに繋がりやすい』と言うのは、例えばエレベータの中など、電波が届きにくい場所では一時的にLTEから3Gや2Gでの接続に切り替わりが起きたとしても、エレベータのドアが開いた瞬間にLTEに接続される。というようなイメージで、LTEに接続されている時間が日本で利用している時よりも長い印象。