博多駅前など福岡の中心部がWiMAX 2+エリア化されていることを確認

博多駅前や天神周辺など、福岡市内の中心部がWiMAX 2+エリア化されていることが確認できた。

■博多駅でWiMAX 2+接続を確認
博多駅前でWiMAX 2+接続を確認

WiMAX 2+対応エリアが東名阪以外にも広がっていることは、既にUQコミュニケーションズが発表しており、6月10日の実績では東名阪の他に札幌、仙台、福岡、広島の一部でWiMAX 2+が利用可能となっている。

WiMAX 2+の対応エリアに札幌、仙台、広島、福岡が追加 | shimajiro@mobiler

UQコミュニケーションズは、6月10日時点での実績に基づくサービスエリアマップを更新し、東名阪に加えて、札幌、仙台、広島、福岡を加えた7大都市でWiMAX 2+が利用可能となっていることを発表。

福岡市内では、博多駅前や天神付近など一部のエリアにてWiMAX 2+が利用可能となっていることがエリアマップにて確認可能。現時点では博多駅 〜 天神の間と、西鉄平尾駅の周辺がWiMAX 2+エリアとなっている。

■福岡市中心部のWiMAX 2+対応エリア:濃い紫がWiMAX 2+対応エリア
サービスエリア|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2
サービスエリア|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2

WiMAX 2+対応のモバイルWi-Fiルータとしては、NECアクセステクニカ製の『NAD11』が6月20日より販売開始。

niftyなどのMVNOでは早くもクレードルセットが本体代1円&14,000円のキャッシュバックキャンペーンが行われており、初代WiMAXサービスからWiMAX 2+への乗り換えが、初期費用を抑えて利用可能となっている。

nifty WiMAXのキャンペーンは以下より。