国内LCC初、Peachの機内でSo-netのPrepaid LTE SIMの販売を開始/SIM受取は空港で

スポンサーリンク

ソネットは、関空を拠点とするLCC『Peach』の機内にて同社のプリペイドSIMカードの販売を開始することを発表。Peachの機内販売にて注文を受け付け、関西国際空港のターミナル内にある『アプローズ 第2ターミナルビル店』(出発/到着ターミナル)にてSIMカードを受取する。販売開始は7月15日より。

ソネットのプレスリリースは以下より。

プレスリリース | So-net 会社情報

ソネット株式会社(以下So-net)は、Peach Aviation株式会社(以下Peach)と訪日外国人の利便性向上を目指し、関西国際空港到着便のPeach機内にて、プリペイド式SIMで日本国内でのLTE高速モバイルデータ通信サービスを手軽に利用できる『Prepaid LTE SIM』の販売を、7月15日より開始いたします。

■販売開始日
2014年7月15日(火)

■販売価格
プラン100M:3,000円(税込) 利用期間30日間、容量100MB
プラン500M:5,000円(税込) 利用期間60日間、容量500MB
※通常の販売価格と同一。

具体的な注文 〜 受取の流れは、Peach機内にてプリペイドSIMカードを注文して、機内販売のレシートを受け取り、関西国際空港の『アプローズ 第2ターミナルビル店』にてSIMカードを受け取りする。プリペイドSIMの注文&決済はPeach機内にて行うものの、消費税は課税される模様。

国際線の定期便を就航している日系の航空会社にて、日本で発行されたプリペイドSIMカードの販売は今回の取り組みが初となる。

LCCにおけるプリペイドSIMカードの販売事例としては、東京(羽田)/大阪(関空)/名古屋(中部)〜クアラルンプールに就航しているエアアジアXが、『機内またはWebで注文してターミナルで受取』という形式でマレーシアのTuneTalkのSIMカードを販売している他、ジェットスターのオーストラリア 〜 日本線ではモバイルWi-FiルータとプリペイドSIMなどのセットが販売されていた。

ジェットスターのオーストラリア線でのモバイルWi-Fiルータ販売については以下エントリにて。
ジェットスター国際線の機内販売でTelstraのプリペイドSIM + LTE対応モバイルWi-Fiルータを購入! | shimajiro@mobiler

日系の航空会社としては初となるプリペイドSIMカードの取扱いなので、ソネット × PeachのSIMカード販売には頑張って欲しいなという思いが基本ではあるものの、SIMカードの受け取りが機内で完結していない。というのはどうしても『一歩足りない』感が否めない。

と言うのも、例えば外国人旅行客がツアーなどなどで日本を訪問した場合に、売店でのSIMカード受取に時間が取られることを理由にして注文をためらってしまう可能性や、深夜便で到着した後に最終の電車やバスに間に合うか心配なため、同様に安心して注文できない可能性もあるので、なんとか『機内でプリペイドSIMの購入が完結』するようになると嬉しいところ。

ソネットでは日本初となる『プリペイドSIMカードの自動販売機』を2014年4月より関西国際空港に設置しており、関空やPeachとの連携を強めている。
関連エントリ:So-net、データ通信専用のプリペイドSIMカードを販売/関空では日本初の自動販売機での販売も | shimajiro@mobiler