ソフトバンクBB、家庭向けインターネット接続サービス『SoftBank Air』を提供 – AXGP対応で通信制限なし

ソフトバンクのグループ会社『ソフトバンクBB』は、2014年12月12日より家庭向けのインターネットサービス『SoftBank Air』を提供開始。

家庭向けの定額制インターネット接続サービスでありながら、WAN側にはソフトバンクグループの無線回線が使われており、下り通信速度は最大で110Mbps。なお、WAN側がモバイル回線でありながら通信量制限が無い。各種割引適用後の通信料は月額3,696円(税別)より利用可能。

SoftBank Airのサービス紹介については以下にて。
SoftBank Air サービス詳細 | インターネット | ソフトバンク

SoftBank Airq

SoftBank Air対応機種として発売されている『Airターミナル』は据置型のWi-Fiルータで、他社サービスで言えばUQコミュニケーションズの提供するUQ WiMAXなどに対応するURoad-Homeに近いイメージ。

Airターミナルはレンタルまたは買取(分割支払い)が選択可能。レンタル料金は月額490円で、買取の場合は支払総額40,800円、24回払いの場合は1,700円/月となるものの、通信料からの割引である『月月割』が1,700円/月適用されるため、いわゆる『実質0円』となる。

Airターミナルをレンタルした場合&買取した場合の料金比較は以下。

Airターミナルをレンタルした場合と買取した場合の料金比較

利用月数 1 6 12 18 24
レンタルの場合 支払総額 4,186円 25,116円 50,232円 75,348円 100,464円
買取の場合 支払総額 42,796円 52,776円 64,752円 76,728円 88,704円

※価格は税別。レンタルと買取の価格比較が目的なので、契約事務手数料や途中解約の解除料は考慮していない。

[料金の計算式]
レンタルの場合:月額 4,186円 * 利用月数
買取の場合:月額(3,696円 – 1,700円) * 利用月数 + 端末代 40,800円 (月額料金は月月割割引後で考える)

ざっくり言えば、利用期間が長い場合では買取の方が総額が安くなり、利用期間が短い場合はレンタルの方が支払総額が安くなるので、利用期間が短い場合はレンタルをオススメ。

SoftBank Airの申込については、申込住所が提供可能エリアである必要があり、AXGPが利用可能エリア内であっても申込ができない場合があるので注意。

ソフトバンクモバイルが提供するモバイル向けのサービスには『通信量無制限』のサービスが提供されていないものの、SoftBank Airについては家庭用の固定回線という位置づけで通信量制限が無く、価格もモバイル向けと大きく変わらないのは、モバイル向けの通信サービスが割高に感じるところ。