ソフトバンク「アメリカ放題」対応機種・通信事業者が拡大、Androidスマホやルーターも対象に

スポンサーリンク

ソフトバンクは、米国内から日本および米国内宛の電話・SMSと、データ通信が使い放題になる「アメリカ放題」の対象機種と、対象となる現地の通信事業者を拡大する。

2020年3月7日からは、Androidスマートフォン、タブレット、モバイルWi-Fiルーターが対象となるほか、Sprintのみに限られていた通信事業者が、T-mobile USA、AT&Tなども対象になる。

ソフトバンクのプレスリリースは以下にて。

より気軽に、より利用しやすく! “ソフトバンク”、「アメリカ放題」の内容を3月7日に改定 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク

ソフトバンク株式会社は、“ソフトバンク”のお客さまが米国内※1で、米国内および日本宛ての通話やSMS、データ通信が利用し放題になる※2サービス「アメリカ放題」の内容を、2020年3月7日に改定します。

ソフトバンク:「アメリカ放題」のサービス改定

■実施日
2020年3月7日

■サービス利用料
無料(申込不要)

■対象機種
・iPhone
・iPad
・Androidスマートフォン(NEW)
・Androidタブレット(NEW)
・ケータイ(NEW)
・モバイルWi-Fiルーター(NEW)

■対象通信事業者
Sprint
T-Mobile USA(NEW)
AT&T(NEW)
Union(NEW)
CLARO PUERTO RICO(NEW)

■利用可能エリア
アメリカ本土
アラスカ
ハワイ
プエルトリコ
バージョン諸島(米国領)

■注意事項
サービス改定後は、対象のエリア内で国際ローミングをONにして利用する必要がある。
→従来の「アメリカ放題」では、国際ローミングをオフにしたまま、Sprintのネットワークに接続され、米国内で使う通話・SMSやデータ通信が使い放題になっていた。

ソフトバンクの「アメリカ放題」は以下にて。
アメリカ放題 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク