LINEモバイルがソフトバンク回線のサービスを提供、音声SIMが月額300円・データ通信量2倍キャンペーンも

スポンサーリンク

ソフトバンクによる過半数の出資(関連エントリ)を受けている「LINEモバイル」は、2018年7月2日に「LINEモバイル記者発表会」を開催。

ソフトバンク回線を使ったMVNOサービスを同日より提供開始した。なお、ドコモ回線を利用するサービスについても従来通り提供を継続する。

ドコモ/ソフトバンク回線が選べる。料金プランは同じ

ソフトバンク回線を使ったLINEモバイルの料金は、ドコモ回線を使ったものと同じ。ユーザー視点で言えば、ドコモ・ソフトバンク回線が選べるようになる。

■ドコモ・ソフトバンク回線が選べる
ドコモ・ソフトバンク回線が選べる

■ドコモ回線・ソフトバンク回線で料金は同じ
ドコモ回線・ソフトバンク回線で料金は同じ

なお、LINEモバイルのWebサイトでは「ソフトバンク回線とドコモ回線に大きな違いは無い」としている。

「ソフトバンク回線とドコモ回線に大きな違いは無い」
掲載元:ソフトバンク回線START|キャンペーン・お得情報|LINEモバイル

ただし、LINEモバイルの最大の特徴と言えるSNSのカウントフリー機能(データフリーに名称変更)については、ソフトバンク回線を使ったサービスでは2018年秋頃に対応予定であり、サービス提供開始時点では非対応。

カウントフリー(データフリー)に対応しない代わりに、サービス開始から2カ月間(8月末まで)は、契約しているデータ容量の2倍、高速データ通信が利用できるキャンペーンを開催する。キャンペーン対象はソフトバンク回線のみ。また、カウントフリー対象のサービスについては高速データ通信量を使い切った後も高速データ通信が利用できるとのこと。

「格安スマホ最速チャレンジ」1Mbps以下になったら1GBプレゼント

「格安スマホ最速チャレンジ」として、自社調べて行う通信速度の定点観測の結果が、月に1回でも1Mbpsを下回った場合、ソフトバンク回線を契約中の全ユーザーに、データ通信量1GBをプレゼントする。

「最速チャレンジ」キャンペーンは7月末に開始予定となっており、詳細は後日公開される模様。

■通信速度を定点観測して公開
通信速度を定点観測して公開

ソフトバンク回線はデータ容量2倍、月額900円×6カ月割引

LINEモバイルは、ソフトバンク回線のMVNOサービスを開始するにあたり複数のキャンペーンを展開する。

主なキャンペーン内容は以下。

・データ容量が2倍(ソフトバンクのみ、7月・8月)
・音声通話SIMが月額900円×6カ月割引(ドコモ・ソフトバンクの音声SIMが対象)
・ドコモ↔ソフトバンク間の変更手数料無料(7/6 12:00受付予定)
※キャンペーン対象はソフトバンク回線のみ。

■データ容量2倍キャンペーン
データ容量2倍キャンペーン

音声通話SIMで月額900円の割引が適用されることで、LINEフリープランでは月額料金が300円から、LINE/Twitter/Facebook/Instagramのデータ通信が使い放題になる「コミュニケーションフリープラン」は3GBで月額料金が1,690円→790円に割引される。
※割引はドコモ・ソフトバンクどちらも対象。

■キャンペーン適用後の料金プラン
キャンペーン適用後の料金プラン

LINEモバイルの申込は以下にて。
LINEモバイル