ソフトバンクがLINEモバイルに出資、過半数の株式取得へ

スポンサーリンク

ソフトバンクは、LINEの100%子会社である「LINEモバイル」との戦略的提携に向けて基本合意に至ったことを発表。

戦略提携は、LINEモバイルが実施する第三者割当増資をソフトバンクが引き受ける資本提携および、MVNO事業推進の業務提携から成り、詳細についてはLINEモバイルとソフトバンクの間で協議の上決定される。

ソフトバンクとの戦略的提携によって、LINEモバイルの資本構成はソフトバンクが51%にLINEが49%となる予定。増資は2018年3月31日に完了が予定されている。

ソフトバンクのプレスリリースは以下にて。

LINEモバイルとソフトバンク、戦略的提携に向け基本合意 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

LINEモバイル株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:嘉戸 彩乃、以下LINEモバイル)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙、以下ソフトバンク)は、LINEモバイルが運営するMVNO(仮想移動体通信事業者)事業「LINEモバイル」のさらなる成長を目的とする戦略的提携を進めることについて、本日基本合意しましたのでお知らせします。

LINEモバイルは、ドコモから回線を借り受けてMVNOサービスを提供しているものの、今回発表されたソフトバンクの出資によって、ドコモ回線を使ったサービスを徐々に縮小し、ソフトバンク回線を使ったサービスに切り替えとなることが予想される。