ソフトバンク、機種変更やMNP転出など各種手数料を3,000円に値上げ – 『近年の事務対応の増加』が理由

ソフトバンクは、機種変更やMNP転出手数料などの各種手数料を4月15日(水)より値上げすることを発表。値上げ理由は『近年の事務対応の増加』が理由とされ、従来は手数料の一部をソフトバンクが負担してきた。と説明されているものの、増加している事務対応の件数や内容は明らかにされていない。

ソフトバンクモバイルからのお知らせは以下より。

各種事務手数料の改定について | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク

ソフトバンクは、これまでお客さまへのサービスとして各種手数料の一部を弊社負担してまいりましたが、近年の事務対応の増加を踏まえて、このたび下記の通り改定させていただきます。

■改定適用日
2015年4月15日(水)

■改定対象となる手数料と料金
機種変更手数料:2,000円 ⇒ 3,000円
MNP転出手数料:2,000円 ⇒ 3,000円
電話番号・メールアドレスお預かりサービス事務手数料:2,000円 ⇒ 3,000円
電話番号変更手数料:1,500円 ⇒ 3,000円
譲渡手数料:1,800円 ⇒ 3,000円
USIM再発行手数料:1,900円 ⇒ 3,000円
※金額は税抜。

NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIの3社の各種手数料(機種変更手数料やMNP転出手数料)は基本的に同一価格となっていたものの、今回のソフトバンクの改定によって機種変更時の手数料やMNP転出手数料はソフトバンクが最も高い形となる。
※例外的に、ドコモは携帯電話機の購入を伴わない新規契約(SIMカードのみ、または2in1 Bナンバーの契約)の新規契約から90以内のMNP転出は5,000円の手数料を設定している。

機種変更手数料やMNP転出手数料は、今後大手MNO(ドコモおよびKDDI)でも値上げされる可能性があるかも。