W01を取扱いする各社のキャンペーン比較 – 2015年1月末分

1月30日(金)より発売となったW01を取扱いする各社のキャンペーンの比較。

W01のキャンペーン条件比較

事業者 UQコミュニケーションズ nifty GMOとくとくBB
端末代 クレードルなし:2,800円
クレードルセット:4,800円
クレードルセット:1円 クレードルセット:0円
契約事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
特典内容 5,000円分の商品券プレゼント 15,100円キャッシュバック
または、ASUS MeMO Pad 7をプレゼント
なし
キャッシュバック受取時期 不明 開通月から9カ月目 なし
契約年数 二年間 二年間 二年間
契約月のWiMAX通信料 有料 無料 無料
月額通信料(税抜)
※各種割引後、二年間の料金。ISP代を含む
3,696円 3,670円 2,760円

UQコミュニケーションズ:特典内容はイマイチだけど、通信品質は良いかも

UQコミュニケーションズ本家が行っているキャンペーンは、MVNOに比べればやや魅力に欠ける。という点は事実だけれど、UQコミュニケーションズ本家はMVNO各社よりも通信品質が安定している。という印象があるので、下り通信速度が従来機種と比べて2倍(110Mbps ⇒ 220Mbps)になっているW01(やWX01)だからこそ、UQコミュニケーションズ本家を選ぶ。という選択肢はありかも。

W01契約の場合は5,000円分の商品券と、UQコミュニケーションズ本家ならではの特典としてはオリジナルのブルーガチャムクブランケットがプレゼントされる。

ちなみに、個人的にはUQ本家で契約している初代WiMAX回線があったので『タダ替え大作戦』でW01に無料で変更済み。(関連エントリ)

UQコミュニケーションズのキャンペーンページは以下より。

@nifty WiMAX:クレードルセットが1円 + キャッシュバック15,100円

@nifty WiMAXは、W01のクレードルセットが1円 + キャッシュバック15,100円となっており、キャッシュバックの金額はここで紹介している3社の中では最大になっている。端末価格としてはクレードルセットが1円なので、初期費用も抑えて契約することができるけれど、キャッシュバックは開通から9カ月目となっており、やや時間がかかる点は注意。

@niftyのキャンペーンページは以下より。

GMOとくとくBB:月額料金が2,760円(税別)と安い

GMOとくとくBBの行っているキャンペーンは複数種類があるものの、その中でも月額料金が2,760円(税別)にになるキャンペーンはシンプルで『月額料金が安い』というのは他社キャンペーンには無い特長。

月額料金が安くても、他社キャンペーンと比べて契約期間中の解除料が高いというような罠も特に無いので、そういう意味では比較的シンプルなキャンペーンではある。

GMOとくとくBB

上記紹介しているキャンペーンは、UQコミュニケーションズ本家以外が1月末までのキャンペーンとなっており、2月からは新しいキャンペーンに切り替わりの予定。ただ、1月時点で『クレードルセットで本体代0円』のようなキャンペーンを行っている事業者については、2月以降も引き続き似たような条件のキャンペーンを展開することが予想されるので、特に急ぎではない場合は2月以降に新規契約するのもあり。
※UQコミュニケーションズ本家は、現在行っているキャンペーンを3月末までとしており、3月末までは同条件となる見込み。

その他、W01の白ロムも約28,000円にて販売されているので最後にご紹介まで。

Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W01 マリン  HWD31SLU Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W01 マリン HWD31SLU

UQコミュニケーションズ
売り上げランキング : 31650

Amazonで詳しく見る by G-Tools