テレコムスクエア、関西国際空港でのWi-Ho!受取/返却に対応

テレコムスクエアは、モバイルWi-Fiルータのレンタルサービス『Wi-Ho!』の受取/返却空港に関西国際空港を追加したことを発表。

同社の『Wi-Ho!』は、2014年11月19日のサービスリニューアル以降、カウンターで受取できる空港を羽田空港および成田空港に限定していたものの、これ以外の空港での受渡を望む声が大きいとして、関西国際空港での受渡に対応を発表。

テレコムスクエアのお知らせは以下にて。

関西国際空港でのお受け取り、ご返却が可能に – テレコムスクエア

国際モバイル通信機器レンタルサービス最大手の、株式会社テレコムスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉竹 雄次、以下当社)は、2015年2月25日より、当社の個人ユーザー向けレンタルWiFiブランド「Wi-Ho!®(ワイホー)」にて、関西国際空港でのお受け取り、ご返却が可能となります。

■関西国際空港での受取/返却場所
[受取]4F出発ロビー 関西エアポートバゲージサービス (07:00 〜 21:00)
[返却]1F到着ロビー 関空エアポートバゲージサービス (返却ボックスのみ/24時間営業)
※Peachが発着する関空第1ターミナルでの受取/返却には非対応。

テレコムスクエアは、2014年11月に行った『Wi-Ho!』のリニューアルにて、サービスを再検討してコストを削減し、低料金なサービスを提供する。と発表しており、今回の関西国際空港での受取/返却対応はサービスの改善と言える反面、コスト増の要因にもなると考えられるので、今後ほかの空港でも受取/返却が可能となっていくのか、それに伴ってコストはどうなるのか。が気になるところ。

2014月11月19日:レンタルWiFiサービス「Wi-Ho!®」をリニューアル | ワイホーニュース | 海外用のWiFiレンタルならワイホー

一方、リニューアルしたWi-Ho!®は、個人ユーザー向けにサービスの再検討を行い、内容をシンプルにしました。たとえば、申し込みはWEB予約のみで、取扱空港は成田空港と羽田空港のみ、支払いはクレジットカード払いのみとなります。利用中の24時間サポートはTelecom Wi-Fiと同様に対応していますが、代替品の発送はありません。
サービスを見直すことで削減したコストは価格でお客様に還元いたします。

テレコムスクエアは、5月末までのオフシーズン(GW期間中を除く)のレンタル料金が最大で59%割引されるキャンペーンを開催しているので、ご紹介まで。

テレコムスクエアのキャンペーンページは以下より。
早割セールキャンペーン| 海外用のWiFiレンタルならワイホー