2014年3月分:WM3800R購入時のMVNO各社のWiMAXキャンペーン比較

スポンサーリンク

WM3800Rを新規購入する場合の2014年3月現在のWiMAXキャンペーン比較。
※WiMAX 2+ではなく、初代の『WiMAX』サービスのキャンペーン内容比較なのでご注意を。

■前提条件
・WM3800Rを新規に年間パスポート契約する場合

WiMAXのMVNO各社が行っているWM3800Rキャンペーン比較(2014年3月分)

事業者名 So-net @nifty WiMAX BIGLOBE WiMAX
カラー モモフライトピンク
クールグレイ
ブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト
ピンク
ハローキティ
インディゴ
ブラック
ホワイト
ピンク
端末代金 0円 1円 0円
クレードルセット 0円 1円 0円
契約事務手数料 0円 0円 3,150円
通信料(月額) 3,800円/月 3,853.5円/月 3,801円/月
登録月の通信料 0円 0円 0円
年間契約時
解除料金
1年目:9,975円 1年目:9,975円
2年目以降:5,250円
1年目:9,975円
2年目以降:5,250円
その他解約金 なし なし
※タブレット(Google Nexus 7 32GB)セットの購入の場合は、契約から1年目の契約解除料金が 9,975円 ⇒ 25,725円になるので注意。
なし
解約後の他事業者との契約 可能 不可能
※URoad-Aeroは可能。
可能
キャッシュバックなど ■30,000ポイント還元
申込から9ヶ月後の月末時点でキャンペーン対象サービスの利用確認ができた場合、11ヶ月後の中旬に30,000ポイント付与

または、ASUS MeMO Pad HD7(White)をプレゼント。

■12,001円キャッシュバック
開通月を含む9か月目に現金で振込。
※タブレット(Google Nexus 7)セットの購入の場合キャッシュバックは対象外となる
■Kindle Fire HD
BIGLOBE WiMAXを24ヶ月利用する方が対象。
23ヶ月目の末日までに解約した場合、9,500円の違約金が追加発生。
■Kindle Paperwhite
BIGLOBE WiMAXを13ヶ月間利用する方が対象。
契約期間中に解約する場合、11ヶ月目までは3,500円、12ヶ月目は250円の違約金が追加される。
キャンペーン期限 2014年3月31日 2014年3月31日 2014年3月31日

So-net WiMAX:WM3800R + クレードルが初期費用完全無料で30,000ポイント還元/契約期間は1年間に短縮

So-net WiMAXのキャンペーンは、2014年1月よりキャンペーン内容が大きく変更されており、従来は2年間だった契約期間が1年間に短縮され、特典内容から現金キャッシュバックが無くなり、30,000ポイントの還元に統一されている。

[So-net WiMAXのキャンペーンでの変更内容]
(1)契約期間が2年間 ⇒ 1年間に短縮
(2)特典内容が現金20,000円 + 10,000ポイント ⇒ 30,000ポイント還元に変更

従来は2年間が基本だった契約期間が1年間に短縮されたことで、将来的にはWiMAX 2+サービスを利用する方が『WiMAX 2+契約までの繋ぎ』としてWiMAXを新規契約(あるいは再契約)する場合、契約期間が短くなった分だけ契約がしやすくなっている。

ただ、特典内容がポイントのみの還元に変更になった点および、ポイントの付与タイミングが契約から11ヶ月目の中旬になっているので、利用期間を1年間の想定で考えた場合、ポイントを通信料の支払いに充当可能な期間がほとんど無く、30,000ポイントの使い道が悩ましいところ。(So-netポイントはANA/JALマイルなどに交換も可能)

So-netポイントの付与タイミングが早ければ、通信料の支払いにSo-netポイントを充当させることで、毎月の通信料を節約することが可能になるので、キャンペーン内容としては非常にオススメできるのだけれども…(^ ^;

So-net WiMAXのキャンペーンページは以下より。

@nifty WiMAX:モバイルWi-Fiルータ + Nexus 7(2012年モデル)のセットが端末代1円またはキャッシュバック12,001円

@nifty WiMAXのキャンペーンは『WM3800Rのクレードルセットが1円』を基本として、

A. 12,001円のキャッシュバック
B. Google Nexus 7(2012 – 32GB)のプレゼント

のどちらかが選べるキャンペーンを展開している。

キャンペーン内容はSo-netよりも手薄に見えなくもないけれど、So-netが30,000ポイントでの還元なのに対し、@niftyは12,001円の現金キャッシュバックまたは、Google Nexus 7(2012年モデル)のプレゼントとなっているので、特典内容は@nifty WiMAXの方が嬉しいという方も多いのかも。
※タブレットのNexus 7は2012年モデルとなっているので注意。

@nifty WiMAXのキャンペーンは以下より。

BIGLOBE WiMAX:Kindleシリーズのプレゼントを開始!

BIGLBOE WiMAXのキャンペーンでは、キャッシュバック特典が終了した一方でKindleシリーズ端末をプレゼントするキャンペーンが開始されている。
⇒ キャンペーン内容は2014年1月時点から変更が無い。

■プレゼント対象のKindleシリーズ端末
(1)Kindle Fire HD 7(16GB) ⇒ BIGLOBE WiMAXを24ヶ月使う方向け – 違約金は9,500円追加
(2)Kindle Paperwhite ⇒ BIGLOBE WiMAXを13ヶ月使う方向け – 違約金は最大で3,500円追加

WiMAXの利用期間が1年間の前提で考えると、BIGLOBE WiMAXでプレゼントされるKindle Paperwhiteよりも@nifty WiMAXのNexus 7(2012年モデル)の方が市場での販売価格は高くなっているし、@nifty WiMAXのキャンペーン特典であるキャッシュバックの12,001円でKindle Paperwhiteは購入可能なので、キャンペーン内容としては@nifty WiMAXの方がオススメし易い。
※Kindle Paperwhiteがセットで欲しい!という方を除く。

BIGLOBE WiMAXのキャンペーンは、以前はクレードルセットが有料(1,995円)だったけれど、他社のキャンペーンと同様にクレードルセットが0円で販売されるなど、以前と比べて初期費用は値下がりしている。

BIGLOBE WiMAXのキャンペーンは以下より。

まとめ:利用期間を1年間で考えると@nifty WiMAXがオススメ

2013年の2月頃に契約したWiMAXの契約から1年間が経過したので、個人的にもWiMAXの乗り換え先を検討中。

2014年3月現在のキャンペーンで申込する場合、新たに契約するWiMAXの利用期間を1年間と考えると、キャッシュバックによって通信料が実質1,000円/月割引可能と考えられる@nifty WiMAXがベターかなぁ。という感じ。(So-netのキャンペーンのポイント付与がもっと早ければ文句無しでSo-netなんだけど…)

既存のWiMAX端末を含めて検討すると、@nifty WiMAXが提供する『機器切り替えオプション』が、UQコミュニケーションズ(本家)が提供するサービスと比べて『機器切り替えオプションを利用した月だけオプション料金が発生する』という点も、追加する機器が2台(420円/月)の前提で考えると、地味に通信料削減に貢献しそう。

@nifty WiMAXの『機器切り替えオプション』は以下より。
機器切り替えオプション | WiMAX(ワイマックス)なら@nifty

コメント

  1. ゆむ より:

    niftyのキャッシュバックは、3月から10000円じゃないですか?