GMOとくとくBB:全国エリアで下り最大220Mbps対応の「WX01」が月額2,760円、二年間の通信料は本家より26,000円割安

GMOとくとくBBは、4×4 MIMOに対応することで下り最大220Mbpsが全国エリアで利用可能な「WX01」が、月額2,760円(税別)から利用できる「ギガ鬼安キャンペーン」を開催。

UQコミュニケーションズ本家や他社MVNOのキャンペーンと比較して割安な月額料金で、下り最大220Mbps対応の「WX01」(およびW01)を利用可能となっている。

GMOとくとくBBの「ギガ鬼安」キャンペーン詳細&申込は以下より。

「ギガ鬼安キャンペーン」にて契約時の月額料金は以下。

■月額料金(WX01/W01の場合)
・端末受取月(初月):無料
・1ヶ月目~2ヶ月目:2,760円/月
・3ヶ月目~24ヶ月目:3,414円/月
・25ヶ月目以降:4,849円/月
※月額料金は税別

端末受取月については通信料が無料。このため、月末に申込 → 翌月頭に端末受取。のパターンで「端末受取月の通信料無料」の特典を最大限活用できるため、GMOとくとくBBのキャンペーンでは月末申込がオススメ。

「ギガ放題プラン」は、契約から3カ月以内の通信料が割安に設定されており、GMOとくとくBBのキャンペーンでは月額料金が2,760円から(UQ本家では3,696円)にて利用可能。その後、4カ月目 〜 23カ月目については3,414円/月となり、二年間の契約期間のうち大半は月額3,414円となる。

GMOとくとくBBとUQコミュニケーションズ本家の月額料金比較

期間 GMOとくとくBB UQコミュニケーションズ
契約初月 無料 3,696円
2カ月目 〜 3カ月目 2,760円
4カ月目 〜 24カ月目 3,414円 4,380円
通信料
(二年間合計)
77,214円 103,068円

※GMOとくとくBBでは初月を「0カ月目」とするため、UQ本家とは表記上のズレがある点は注意。

上記表のように、GMOとくとくBBのキャンペーンでは、UQコミュニケーションズ本家で契約する場合と比べて、契約から二年間の通信料が合計で約26,000円(1,077円/月)ほど安くなるので、月額料金を重視する方にはオススメできるキャンペーン。

WiMAX 2+のMVNO各社のキャンペーンでは、@nifty WiMAXが35,400円のキャッシュバックを行っているなど、キャッシュバックを行うMVNOが多く、GMOとくとくBBのように月額料金を割引するタイプのキャンペーンは多くないので、シンプルに「月額料金が安いMVNOを選びたい」という方向け。

2015年月末までのキャンペーン条件比較は以下。

WX01のキャンペーン内容比較 – 2015年3月分

事業者 UQコミュニケーションズ @nifty GMOとくとくBB
端末代 クレードルなし:800円
クレードルセット:2,800円
クレードルセット:1円 クレードルセット:0円
契約事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
通信料
※各種割引後、二年間の料金。ISP代を含む
4,380円 4,350円 3,414円
二年間の支払総額
(端末代 + 月額料金 + 手数料)
本体代:2,800円
手数料:3,000円
通信料:103,068円
—————————
合計金額:108,868円
本体代:1円
手数料:3,000円
通信料:98,690円
—————————
合計金額:101,691円
本体代:0円
手数料:3,000円
通信料:77,214円
—————————
合計金額:80,214円
特典内容 特になし 35,400円キャッシュバック 月額料金が割引される
キャッシュバック受取時期 なし 開通月から9カ月目 なし
キャンペーン違約金
(通常違約金とは別)
なし 15,000円 なし
契約年数 二年間 二年間 二年間
契約月のWiMAX通信料 有料 無料
※機器が発送された日が属する月
無料
機器を受取した日が属する月

※「二年間の支払総額」は、契約から3カ月間の通信料割引やその他通信料割引適用後の金額/各種金額は税別