2015年4月の訪日外国人数、過去最高の176万人 – 国別では中国が過去最多となる40万人を突破

日本政府観光局は、2015年4月の訪日外国人数を発表。同月の訪日外国人数は過去最高となる176万4千人を記録。前年同月比で+43.3%と、2014年3月 → 2015年3月の+45.3%に引き続き大幅な伸びを記録。年初から4月までの累計では589万人となり、前年(2014年)との比較で+43%と順調に推移している。

国別では、中国が前年同月比+113%と驚異的に伸びて40万5800人でトップ。以下、台湾が29.9%増の33万5100人、韓国が57%増の30万4600人となった。

日本政府観光局の発表資料(PDF)は以下より。
訪日外客数(2015 年 4 月推計値) ◇単月過去最高の 176 万 4 千人を記録! – 日本政府観光局(PDF)

■前年同月比で伸び率が大きな国(トップ5)
1位.中国 405,800人 (+113%)
2位.ベトナム 28,500人 (+59.3%)
3位.韓国 304,600人 (+57.0%)
4位.香港 119,600人 (+50.7%)
5位.インドネシア 23,400人 (+38.1%)

訪日外国人数は、シーズンによって変動するため単純に単月の旅行者数を12倍する意味は薄いけれど、4月の訪日外国人数176万人を12カ月分で計算すると、2112万人の計算となり、このペースを通年で維持すれば年間の訪日外国人数は2,000万人ペースとなる。
※4月は桜観光などの需要で、ハイシーズンであったことは付記しておく。

訪日外国人数は、2014年3月にはじめて単月の訪日外国人数が100万人を突破して以来、1年2カ月連続で100万人を下回らずに推移している。

ちなみに、人口ベースで170万人は鹿児島県の人口相当となる。

鹿児島県/人口 – 鹿児島県

平成23(2011)年11月1日現在(げんざい)、鹿児島県の人口は約170万人で、男の人は約79万人、女の人は約90万人、約73万世帯が生活しています。