Scootの航空券をキャンセル – 航空券代の約80%がバウチャーで返金された

スポンサーリンク

LCC「Scoot」の航空券を購入していたけれど、都合が悪くなったので「ChangeYourFlight」を使って航空券をキャンセル(クーポンと交換)してみた。

ChangeYourFlightのWebサイトは以下より。
ChangeYourFlight – 航空券の一部返金

今回キャンセルした航空券は成田 〜 台北の往復航空券で、運賃は片道7,000円、支払総額は約20,000円のチケット。この航空券をキャンセルして11,000円分のクーポンと交換することができた。

■支払総額は約20,000円
支払総額は約20,000円

■11,000円分のクーポンと交換
11,000円分のクーポンと交換

ChangeYourFlightを使った航空券の返金は過去にも試したことがあり、返金希望額を比較的高めに設定しても返金される事が多かったので、今回は選択可能な返金額の上限となっていた金額(11,000円)で返金をリクエストしてみた。なお、リクエスト前に表示された確率は星5つのうち1つで、返金されない可能性が高そう思えたけれど、結果的には無事に返金リクエストが受付された。

■返金確率は星1つだった
返金確率は星1つ

ChangeYourFlightを使った返金はあくまでも「クーポン」であり、同じ航空会社のフライトを予約する際に使える割引券なので、実際には「次回また同じ航空会社でフライトを予約」しないと意味は無く、純粋なキャンセル → 返金とは意味が大きく異なっている。

加えて、ChangeYourFlightで付与されるクーポンの利用は返金のリクエストを行ったフライトと同一の搭乗者でないと利用できない、またセール価格の場合にはクーポンを適用できないなどの各種制限があり、いつでも自由に使うことができるわけではない。

■ChangeYourFlight 制限事項
ChangeYourFlight制限事項

過去にChangeYourFlightで返金に成功した例は以下。

運賃 6,500円 → 返金 3,000円
運賃 6,500円 → 返金 4,000円
運賃 14,000円 → 返金 11,000円

前述の通り、ChangeYourFlightのバウチャーにはもろもろの利用制限があるものの、比較的高めの金額で返金リクエストを行っても成功するのではと思う。そんなわけで予約済みのチケットが不要になった、あるいは何らかの理由で乗れなくなってしまった場合は「返金できたらラッキー」という気持ちで、割と強めの金額をリクエストしてしまうのもありかなと思う。