台湾版Galaxy Note5の仕様メモ – デュアルSIM/LTE対応周波数/黒板機能など

スポンサーリンク

世界に先駆けて8月15日(土)より台湾での販売が開始されたGalaxy Note5(SM-N9208)の仕様に関するメモ。

まず予想外だったのはSIMカードスロットがデュアルSIMになっていたこと。

Samsungのハイエンド端末でデュアルSIMスロットに対応したモデルを購入したのは個人的には初めて。
※なお、Galaxy Note5のSIMスロットはGalaxy S6 edgeなどと同じく取り出しにはSIMピンが必要。

■SIMカードはデュアルSIM(nanoSIM * 2)
台湾向けのGalaxy Note5はデュアルSIM仕様

どちらのSIMスロットもLTEに対応しているものの、データ通信の同時利用は不可(データ通信するSIMはどちらか一方のみとなる)、音声通話の待受については両方のSIMカードを同時に待受することが可能。

■データ通信はどちらか一方のSIMカードのみ有効となる
デュアルSIM対応もデータ通信はどちらか一方のSIMカードのみ有効

なお、デュアルSIMの仕様については以下エントリにて詳細を記載。
Galaxy Note5 デュアルSIMに関する仕様 – LTEデータ通信 + GSM音声通話が可能 | shimajiro@mobiler

対応周波数は以下の通り。

■パッケージ裏面に対応周波数が記載
パッケージ裏面に周波数が記載されている

LTEの対応周波数詳細は、Samsungの公式サイトに掲載されている。
Samsung Galaxy Note 5 (32GB)

W-CDMA 850/900/1900/2100MHz
GSM 850/900/1800/1900MHz
TD-SCDMA 1880/2010MHz
FDD-LTE 2100(B1)/1900(B2)/1800(B3)/AWS(B4)/850(B5)/2600(B7)/900(B8)
700(B12)/700(B17)/800(B18)/800(B19)/1900(B25)/800(B26) /800(B28)
TD-LTE 2300(B40)/2500(B41)/2600(B38)/1900(B39)

■”黒板機能”はデフォルトではオフ
個人的に「面白い!!」と思ったのがGalaxy Note5の新機能「画面がオフの時でもメモが書ける」(通称:黒板機能)は、標準設定では無効に設定されている。

“黒板機能”を有効にするための設定方法は以下。

設定 > Sペン > 画面OFF時のメモ

■Sペン設定から「画面OFF時のメモ」を有効にする
黒板機能は「画面OFF時のメモ」から設定

上記設定を有効にした状態でSペンを本体から取り外しすると、画面OFFのままSペンを使ったメモを取ることが可能となる。この状態ではSペン以外のペンや指ではメモを書くことができない。

■黒板機能でメモを書いてみた
黒板機能はデフォルトでは無効

ちなみに、黒板機能で書いたメモは「アクションメモ」として保存される。画面OFF時は背景黒の画面に書くことになるので何となく「締まって」見えるメモが「アクションメモ」として表示すると、黄色い付箋紙のような背景に黒字での文字として保存されるので、メモとしての印象が変わる。

■アクションメモとして保存される
アクションメモとして保存される