Apple「ごく一部の」iPhone 6 Plusでカメラの不具合を発表 – 交換プログラムを案内

スポンサーリンク

Appleは「ごく一部の」iPhone 6 Plusでカメラのコンポーネントの一部が故障し、撮影した画像がぼやけて見える場合がある不具合があると発表。対象となるiPhone 6 Plusのカメラを無償で交換することを案内している。

対象となるiPhone 6 Plusは主に2015年9月から2016年1月までの間に販売されており、AppleのWebサイト上でシリアル番号を入力することで対象となっているかどうかを確認できる。

AppleのWebサイトでの告知は以下。

iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム – Apple サポート

ごく一部の iPhone 6 Plus で、iSight カメラのコンポーネントの一部が故障し、撮影した写真がぼやけて見える場合があることが判明しました。影響が確認されているのは、主に 2014 年 9 月から 2015 年 1 月までの間に販売され、シリアル番号が特定の範囲内にある iPhone 6 Plus です。

対象台数は「ごく一部」とされており、具体的な台数は不明。

■対象製品かどうかはシリアル番号で確認可能
対象製品かどうかはシリアル番号を入力すると確認可能

シリアル番号を入力して確認してみたところ、自分が購入したiPhone 6 Plusもカメラ交換の対象となっていた。ただ、iPhone 6 Plusの使用頻度が高くないためか、カメラ関連で不具合を確認したことは無かったので、現状特に困っているというわけではなく、カメラ交換を行うかどうかは悩ましいところ。