iPhone 6s/6s PlusのSIMロック解除受付は3月23日(水)から – 各キャリアのSIMロック解除手順・条件のまとめ

スポンサーリンク

総務省は、SIMロック解除に関するガイドラインを改定。ガイドラインの改定に伴い、2015年5月1日以降に発売されるスマートフォン・モバイルWi-Fiルータ・フィーチャーフォンなどは原則としてSIMロック解除に応じることが義務付けられた。

SIMロック解除への対応については、AppleのiPhone(やiPad)についても同様で、国内キャリアから発売されるiPhoneとしては、2015年9月25日に発売されたiPhone 6s/6s Plusが、キャリアから発売されるiPhoneとしては初めてSIMロック解除に対応する。

■iPhone 6s/6s PlusがSIMロック解除に対応(ソフトバンク)
SIMロック解除機能を搭載した製品

ただし、SIMロックの解除は(ドコモ以外では)端末購入から180日経過後でないと手続が行えない。

2015年9月25日から数えて「180日経過後」となる日はiPhone 6s/6s PlusのSIMロック解除が可能となるのは、最短で2016年3月23日となる。(SIMロック解除可能となるタイミングは、各キャリアによって微妙に異なる)

各社のSIMロック解除手続方法・条件などなどは以下。

SIMロック解除手続方法

項目 ドコモ KDDI SoftBank
SIMロック解除用URL
(要:ログイン)
My docomo auお客さまサポート My SoftBank
必要日数 端末購入から6カ月後 端末購入から180日目以降 端末購入から181日目以降
手続可能日 2016/3/25 2016/3/23 2016/3/24
SIMロック解除手数料 オンライン:無料
店頭または電話:3,000円(税別)
白ロムのSIMロック解除 非対応 対応。auショップでのみ対応 非対応

基本的には「端末購入から180日経過後」がベースとなっている各社のSIMロック解除手続可能日だけれど、計算方法の微妙な違いによってSIMロック解除が可能となるタイミングが微妙に違う。

なお、ドコモの場合は、端末購入から180日が経過していなくても一部条件(前回のSIMロック解除から6カ月経過)を満たしていれば、SIMロックの解除が可能となるので、2016年3月25日以前にSIMロック解除を行うことも実際には可能。

オンライン(または店頭など)でSIMロック解除手続を行っても、機能的に使えなくなる機能などは特に無いので、通信事業者の乗り換えや、海外渡航時に現地のSIMカードを利用するなどの予定が無くても、SIMロックを解除することによる不利益は特に無いので、SIMロック解除が可能となった機種についてはSIMロックを解除しておくことを基本的にはオススメ。