もしもシークス、ドコモ版のiPhone 6s/iPhone 6s Plusの取扱い開始!6s 16GB 85,400円(税別)から

エックスモバイルの提供するMVNOサービス「もしもシークス」は、自社のSIMカードとiPhone 6s/iPhone 6s Plusのセット提供を開始。もしもシークスにて販売されるiPhone 6s/iPhon 6s PlusはSIMフリー版ではなく、同社が独自ルートで調達したドコモ版(SIMロック品/未使用品)となる。

もしもシークスのお知らせは以下より。

新着情報 | エックスモバイル株式会社

平素よりご愛顧賜り誠にありがとうございます。
本日からMVNOで初めてiPhone6s/iPhone6sPlus(アイフォーンシックスエス、アイフォーンシックスエスプラス)の全ラインナップの提供を12月1日から開始いたします。

■販売開始日
2015年12月1日(火)

■販売機種&価格
iPhone 6s 16GB:85,400円
iPhone 6s 64GB:91,400円
iPhone 6s 128GB:97,400円
iPhone 6s Plus 16GB:91,400円
iPhone 6s Plus 64GB:97,400円
iPhone 6s Plus 128GB:103,400円
※価格は税別

■カラー
ローズゴールド/ゴールド/シルバー/スペースグレイ

Appleのスマートフォン「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」を取扱いするMVNOは、エックスモバイル(もしもシークス)が初。

なお、同社で販売されるiPhone 6s/6s PlusはSIMフリー版ではなくドコモ版であり、SIMロックがかけられているほか、ドコモが2015年5月1日以降に発売された機種(iPhone 6s/6s Plusを含む)については、ドコモからの購入者以外のSIMロック解除には非対応となっているため、同社から購入したiPhoneについてはSIMロックの解除は行えない。

また、AppleのiPhone 6s/6s Plusはドコモが販売を行っているものの、そのMVNOでの動作保証があるわけではないので、OSのバージョンアップなどによって、もしもシークスのサービスで利用できなくなる可能性がある。

過去の事例としては、(当時)KDDIのMVNOであったmineoのサービスが、iOS 8搭載端末では利用することができなくなる事例があったため、端末メーカーが公式にサポートしていない通信事業者での利用は自己責任となる点にご注意を。
関連エントリ:iOS 8、auのMVNO『mineo』で通信が一切不可に – ケイ・オプティコムは事前に注意を掲載 | shimajiro@mobiler

コメント

  1. Tomida より:

    追伸
    もしもシークスから、メール返信きましたので置いておきます。
    SIMロック解除は出来ないようです。

    以下受信内容
    >お問合せありがとうございます。
    >もしもシークスサポートデスクでございます。

    > 現状ですと、弊社はドコモ様の新古品、いわゆる白ロム品をお取>り扱いしているので
    >ドコモ様の対応に影響をうけます。
    >ドコモ様では、SIMロック解除の為に、ドコモで契約している電話>番号が必要になるとの事で、
    >結果、弊社では現在SIMロックの解除はご利用いただけません。

    以上

  2. Tomida より:

     12月3日18時現在で、「もしもシークスサポートセンター」に確認しました。

     iPhone6s&iPhone6s+について、もしもシークスによる、SIMロック解除対応については、「現時点では未定です。」ということでした。