UQ、関西国際空港第二ターミナルのWiMAX 2+エリア整備を完了

UQコミュニケーションズは、2015年12月24日付けで関西国際空港第二ターミナルのWiMAX 2+エリア整備を完了したことを発表。2015年10月29日にエリア整備が完了を発表した第一ターミナルに加えて、第二ターミナルでもWiMAX 2+が利用可能となる。

UQコミュニケーションズのプレスリリースは以下より。

関西国際空港におけるWiMAX 2+エリア拡大のお知らせ

この度、関西国際空港の第2ターミナルビルにおいてWiMAX 2+のエリア整備を完了いたしました。
 これにより、第1ターミナルビルに加え、LCC便が発着する第2ターミナルビルにおいても、より高速で快適なデータ通信をご利用いただけるようになります。

ちょっと古い情報だけれど、2015年1月の時点では関西国際空港の第二ターミナルではWiMAXが圏外となっていたので、WiMAX 2+のエリア整備完了によってWiMAX 2+が快適に利用できるようになるのは嬉しいところ。
関連エントリ:関西国際空港 第二ターミナルの電波状況(2015年1月) | shimajiro@mobiler

特に、関空の第二ターミナルはPeachのみが利用するターミナルであり、店舗などは第一ターミナルに比べて圧倒的に少ないので、電波状況が改善することで各種手続や搭乗待ち時間を有効活用できるようになるのは嬉しい。