ドコモと高島屋が提携:dポイントカード提示で1%、dカード支払で2%ポイント還元 – 4月から7月まではキャンペーン実施で最大3%還元

ドコモは、高島屋(タカシマヤ)と提携することを発表。タカシマヤでの買物時にdポイントカードを提示することでdポイントが貯まるほか、タカシマヤカードでドコモの携帯電話料金を支払いすることでポイントが貯まりやすくなる。

NTTドコモのプレスリリースは以下より。
報道発表資料 : 高島屋とNTTドコモが新たなサービスの提供に関する業務提携に合意 | お知らせ | NTTドコモ

■ドコモとタカシマヤの提携:利用イメージ
ドコモ:タカシマヤと提携を発表

発表された提携内容を整理すると以下。

タカシマヤが「dカード特約店」となりdカードでポイント2%付与

タカシマヤは2016年4月1日より「dカード特約店」となる。dカード特約店となることで、タカシマヤでdカードを使うと購入金額の2%がdポイントとして還元される。また、4月1日から7月31日までの間はカード等をタカシマヤで使うことで、更に1ポイント(合計で3ポイント)を進呈するキャンペーンが行われる。

「dポイント加盟店」で購入金額の1%がdポイント積算可能

タカシマヤは、2016年8月を目処に「dポイント加盟店」となる。dカード特約店となるため、購入金額の1%がdポイントとして積算可能となる。dポイントカードを持っている場合は100円につき1%のポイント還元が可能。
※「dポイントカード」はドコモとの契約が無くてもdポイントを貯めることができるので、ドコモユーザ以外でもオススメ。

タカシマヤは前述の通り「dカード特約店」でもあるため、dカードのポイント還元(2%)と併せると、dカードを持っている場合は最大で3%、dポイントカードのみを持っている場合は1%ポイント還元が受けられる。

ドコモの通信料を「タカシマヤカード」支払うとポイント2倍

タカシマヤが発行するクレジットカード「タカシマヤカード」をドコモの通信料金の決済に利用すると、タカシマヤポイントが通常の2倍付与される。タカシマヤカードでドコモの通信料金を支払いすると、タカシマヤカード<ゴールド>で通常100円毎に2ポイント、タカシマヤカードの場合200円毎に2ポイントとなる。

ドコモが発行するクレジットカード「dカード GOLD」は、契約していることでdポイントクラブのステージが最上位の「ゴールドステージ」に自動優待される特典があるものの、ドコモの通信料金支払に関してはポイント付与の対象外となるため、支払にはdカード以外のクレジットカードを使うことをオススメ。このため、dカードとタカシマヤカードの両方を持っている場合、ドコモの携帯電話料金についてはタカシマヤカードで支払った方がポイント的にはメリットが大きい。
関連エントリ:dポイントが貯まるdカード、ドコモの月額料金支払はポイント付与の対象外 | shimajiro@mobiler

今回の提携内容を整理すると、dカードまたはdカード GOLDを持っている場合は購入金額の3%がポイント還元されるようになるため、メリットが大きい。

dカード/dカード GOLDの申込は以下より。