8月1日より香港空港出発便で「空港建設費」が必要に – 7月中の航空券発券がオススメ

香港国際空港は、2016年8月1日以降に発券される香港空港出発便にて「空港建設費」を徴収することを発表。

空港建設費は搭乗するクラス・飛行時間によって異なり、90香港ドル(約1,200円)から180香港ドル(約2,400円)。空港建設費の徴収対象となるのはLCCを含む全てのフライト。香港-日本間はエコノミークラスで90香港ドル(約1,200円)、ファースト・ビジネスクラスでは160香港ドル(約2,000円)が必要となる。
※香港滞在時間が24時間以内の乗継便の場合、エコノミークラスの短距離路線が90香港ドル→70香港ドルに割引される。

香港空港のプレスリリースは以下にて。

Media Centre – Press Releases – Hong Kong International Airport

■香港空港:空港建設費の料金
香港空港:空港建設費の料金

ロングホール(長距離路線)は、北南米、ヨーロッパ、中東、アフリカ、南太平洋、南アジア方面行きが対象。香港発の日本行きはショートホール(短距離路線)の扱いになる。

前述の通り、LCCを含めた全てのフライトで空港建設費が必要となり、搭乗者に直近で何かしらメリットがあるものではないので、直近で香港への旅行などなどを計画中の方は空港建設費の徴収が開始される前に航空券を発券しておくことをオススメ。
※搭乗タイミングが8月1日以降であっても、航空券の発券タイミングが7月31日までであれば空港建設費は徴収されない。