LINEモバイル、9月5日よりサービス提供開始 – 月額500円でLINE使い放題、Twitter・FB使い放題は月額1,110円より

LINEは、新たに設立した子会社LINEモバイル株式会社を通じて、ドコモ網のMVNOサービス「LINE モバイル」を2016年9月5日(月)より提供開始することを発表。同日14時より先着20,000名限定でサービスの申込を受付、10月1日より正式に提供開始の予定。

LINEモバイルのサービス詳細は以下にて。
LINEモバイル – LINEのMVNO・SIMフリースマホ

LINEモバイルの料金プランはLINEの通話・トークが使い放題となる「LINEフリープラン」(月額500円から)と、LINE・Twitter・Facebookなどのコミュニケーションサービスが使い放題になる「コミュニケーションフリープラン」(月額1,110円から)の2種類。

コミュニケーションフリーはLINE・Twitter・Facebook以外でも使える高速データ通信は3GB・5GB・7GB・10GBから選べる。各プラン共通で、音声通話機能つきプランを選択した場合は最低利用期間が1年間で、最低利用期間中の解約には

通信料無料(カウントフリー)の対象となる各種サービスは、高速データ通信の容量を消費した後でもデータ通信速度制限の対象外となるので、速度制限を気にすることなくこれらのサービスを利用可能。ただし、サービス毎に通信料無料の対象外となる機能(やサービス)がある点は注意が必要。通信料無料の対象外となる機能やサービスは以下。

■通信料無料の対象外となる機能、サービス
LINE:LINE LIVEの動画閲覧
Twitter:Periscopeを使った動画配信、閲覧
Facebook:Facebook Live
各サービス共通:外部リンクへの接続
通信料無料(カウントフリー)の対象機能に関しては、LINEモバイルのWebサイト(PDF)にて公開されている。

今回LINEモバイルが発表したようなコミュニケーションサービスの通信料無料は、FREETELがLINE・WhatsApp・WeChat(微信)のデータ通信料を無料としているほか、FREETELでは8月下旬から9月上旬を目処にPokémon GOのデータ通信を無料化する方針となっており、同様のサービスを提供するMVNOが増加している。

LINEモバイルの通信料無料化にも一部対象外となるサービスはあるものの、LINEの提供元(厳密にはその子会社)であるLINEモバイルが提供する通信料無料化の対象は、FREETEL が提供するよりも各種機能が幅広く無料化対象となっており、利用者としては安心してサービスを利用することができる。
※特に、LINEモバイルではトークでの動画やりとりも無料化対象となる点は、速度制限状態で利用した際のストレスが大きく軽減されそう。

LINEモバイル、FREETELの「LINE無料化」の違い

機能 LINEモバイル FREETEL
テキスト及び音声メッセージ送受信
スタンプ・画像・動画・その他ファイルの送受信 画像・スタンプは無料
無料通話・ビデオ通話 ×
タイムラインの閲覧・投稿 ×
スタンプ・着せ替えのダウンロード ×
アカウント設定に関わる機能 ×
友だち一覧画面の表示・友だち追加 ×
「その他」画面の表示 ×

また、LINEモバイルの「LINE無料」は、現時点で提供されている機能・サービスだけでなく今後追加されるう機能・サービスに関しても速やかに通信料無料の対象となることが期待できる点は、LINEモバイル以外が提供する「LINE無料」と比べると安心できる。

これらのサービスの通信料無料はいわゆる公式Webサイトまたは公式アプリのみが無料対象となるため、サードパーティ製のクライアント(例えばTwitterクライアント)は通信料無料の対象外。

ただし、LINE・Twitter・Facebookなどの通信料無料の対象外となるサービスを利用する際に「通信料が有料となる」という旨のダイアログなどが表示されるのかは不明。

特定サービスのデータ通信料無料化は、国内でMVNOサービスが盛り上がる前から海外の事業者では提供例があり、データ通信料無料となる機能からデータ通信料有料となる機能への移行時には、データ通信料が有料となる(通常のデータ通信料としてカウントされる)旨のダイアログが表示された。

■マレーシア「Maxis」のSIMカード利用時はTwitterが無料だった
マレーシアの通信事業者「Maxis」ではTwitterが無料だった

LINEモバイルでは具体的な利用方法は不明ながら「帯域を長時間占有するなどの使い方はカウントフリー対象の制限も速度制限する場合がある」としている。この点については、通常のアプリケーション利用とは異なる方法で利用した場合に、LINEモバイル側で意図しない使われ方が無制限に行われることを予防するためのものと思われる。

通信制限について
高速データ通信残量が無くなると最大200kbpsの通信速度になります。
帯域を長時間占有するなど他のお客様の迷惑となる利用の場合、LINE、Twitter又はFacebookなどのカウントフリーの対象になる通信についても制限する場合があります。

LINEモバイルのサービス紹介&申込は以下。
LINEモバイル