ドコモの「一括648円スマホ」MONOが12月9日(金)発売、オンラインショップで購入手続開始

ドコモは、発売時から「端末購入サポート」対象機種とすることで本体代を一括648円とするスマートフォン「MONO MO-01J」を12月9日(金)より発売することを発表。ドコモオンラインショップでは、12月7日(水)午前10時より購入手続を受付開始している。

MONO MO-01Jの発売に関するお知らせは以下にて。
「MONO MO-01J」のご購入手続き開始について

ドコモオンラインショップでの販売ページは以下にて。

MONO MO-01J – ドコモオンラインショップ
ドコモ:MONO MO-01J

「一括価格が648円」が話題となっているMONOは、割引前の本体価格が32,400円(税込)となっており、端末購入サポートによる割引が適用されることで、本体価格が一括で648円にて購入できる。

●MONO M-01J販売価格
本体価格(割引前):32,400円
端末購入サポート:▲31,752円
————————————————–
支払金額:648円 (一括)
※本体価格は税込

ただし、端末購入サポート対象機種は、購入の翌月から起算して12カ月以内に機種変更や回線解約などを行うと、割引額の半額がペナルティとして発生する点には注意。
→とは言え、MONOは割引前の価格が32,400円に設定されており、昨今のスマートフォンの本体代と比べるとかなり割安に設定されているので、端末購入サポートの定める規定利用期間のうちに機種変更をした場合でも、極端に高いペナルティが発生するわけではない。(ペナルティは約1.6万円)