WiMAX 2+、2017年夏からLTEオプションを無料に – 7GB/月で速度制限は継続

UQコミュニケーションズは、2017年1月25日(水)に報道関係者向けに発表会を開催。

現在はauスマートバリュー mine契約を条件に無料(通常は1,005円/月)となっている「LTEオプション」を2017年夏頃を目処に「無料適用範囲を大幅に拡大」する予定であることを明らかにされた。

WiMAX 2+サービス向けの「LTEオプション」は、WiMAX 2+エリアだけでなくau 4G LTEネットワークでもデータ通信が可能となるオプション。Huawei系のモバイルWi-Fiルータなどが対応しており、端末側で「ハイスピードプラスエリアモード」を利用すると、ハイスピードプラスエリアモードを料した月はオプション料金が発生する。

■WiMAX 2+サービスの「LTEオプション利用料」の無料対象を拡大
UQ、WiMAX 2+サービスの「LTEオプション利用料」を無料化

発表会では「新たなご契約により、LTEオプション利用料が無料」となる予定で、一定の条件がありつつも原則としてLTEオプションが無料化される方針であることが明らかにされた。

LTEオプション無料化の対象は、新規にWiMAX 2+を契約するユーザだけでなく、既存のWIMAX 2+を利用中のユーザも対象となる見込み。ただし、単純にLTEオプションが無料化されるのではなく、(具体的な内容は未定ながら)何らかの条件がつく。と説明された。

なお、LTEオプションが無料化されたあとも、ハイスピードプラスエリアモードにおいて月間のデータ通信量が7GBを超過すると、通信速度が128kbpsに制限される点に関しては変更は無い予定。