UQ、初の5Gルーター「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」発売、auの4G LTEも追加料金なしで月額約5,000円から

スポンサーリンク

KDDIは、5G対応のモバイルWi-Fiルーター「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」を2021年4月8日(木)に発売する。全国のau取扱店、au Online Shop、UQ WiMAX Online Shopなどで取扱する。

■Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

UQコミュニケーションズのWebサイトでのお知らせは以下にて。

UQ WiMAX初の5G対応モバイルルーター「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」を4月8日から発売 |

UQコミュニケーションズは2021年4月8日から、Wi-Fiルーター最大級 (注)サイズの大画面ディスプレイを搭載したUQ WiMAX初でGalaxyとしても初となる5G対応モバイルルーター「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」を発売します。

5G対応機種向けの専用料金プラン「ギガ放題プラス」は、割引前の月額料金が5,005円(税別4,550円)で、2年契約(自動更新)で毎月187円(税別170円)の割引が適用される。

また、「WiMAX +5Gはじめる割」により、契約から25カ月限定で550円(税別500円)が割引され、各種割引適用後の最低料金は4,268円(税別3,880円)で、従来のWiMAX 2+サービスと同額になる。

auの4G LTE(800MHz帯/B18)に繋がる「プラスエリアモード」の利用月は1,100円(税別1,000円)のオプション料金が発生する。従来、ハイスピードプラスエリアモードで通信量が月間7GBを超えると、WiMAX 2+の通信についても制限の対象となったが、「ギガ放題プラス」では同様の制限は適用されない。
※プラスエリアモードが制限対象となっても、スタンダードモードは制限を受けない。

直近3日間のデータ通信量が合計10GBを超えた際に適用されていた通信速度制限は、そのしきい値が「直近3日間で15GB」に緩和された。制限時の通信速度は最大1Mbpsで、従来のWiMAX 2+サービスと同じ。

同機種は、UQ mobileが取扱するモバイルWi-Fiルーターとしては初めて、5GとWiMAX 2+に対応する。通信速度は下り最大2.2Gbps、上り最大183Mbps。本体背部にはスタンドを備え、テーブルなどで自立させて使用できる。

■自立するスタンドつき
自立するスタンドつき

これまでのWiMAX 2+対応ルーターと同様に、本体のモードを切り替えることで、通信エリアを拡大できる。従来ルーターと異なり、追加料金なしでもau 4G LTEにも接続できる。

追加料金なしで使えるスタンダードモードでは、WiMAX 2+の4G LTE B41に加えて、5Gのn78、4G LTEのB1/3に対応する。プラスエリアモードでは、これらの周波数帯に加えてプラチナバンドと呼ばれるB18(800MHz帯)に繋がり、スタンダードモードと比べて利用できる周波数帯が多くなる。

UQコミュニケーションズでは、WiMAX 2+サービスの契約者が5G対応ルーターに契約移行する際、事務手数料の3,300円(税別3,000円)を2021年5月より無料にする。

また、2022年秋よりWiMAX 2+サービスで使用中の周波数帯(B41)の一部を5Gサービスに転用することで、対象エリア内ではWiMAX 2+の通信速度が最大440Mbps→220Mbpsへと低速化する。

■Galaxy 5G Mobile Wi-Fi主要スペック
本体サイズ:147×76×10.9mm
重さ:約203g
バッテリー:5,000mAh
ディスプレイ:約5.3インチ
通信方式(国内):5G(sub6) / 4G LTE / WiMAX 2+
通信速度:下り最大2.2Gbps / 上り最大183Mbps
Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz / 5GHz)
テザリング台数:最大11台(USB1台を含む)
対応SIM:au Nano IC Card 04 LE
ブリッジ機能:○
パフォーマンス設定:○

UQ WiMAXのサービスサイトは以下にて。
UQ WiMAX