エアアジア、新規路線の就航を間もなく発表?日本語で「仕事が増える予定」とツイート

マレーシアを本拠地とするLCC「エアアジア」は、公式の日本語Twitterアカウントにて近日中に新規路線の開設を発表することを示唆。

2月6日(火)のツイートにて「数日以内に楽しみなことが」とツイートした後、翌7日(水)には「これからも新しい路線が増える予定!」としている。

なお、楽天などが出資している新生「エアアジア・ジャパン」は、2017年初旬に予定していた就航時期を延期、具体的な就航スケジュールを未定とする発表を2017年1月末に行ったばかりで、エアアジアの日本語公式Twitterアカウントが示唆している「新路線」が日本国内線となるのか、東南アジア路線の国際線となるのかなど詳細は不明。

エアアジア・ジャパンの就航延期に関してはトラベル Watchにて紹介されている。

エアアジア・ジャパン、就航予定時期を変更。時期未定に – トラベル Watch

 エアアジア・ジャパンは、1月30日、就航予定の変更を発表した。これまで発表していた2つの路線の就航予定時期を見直すという。新たな就航スケジュールについては、決定次第発表するとしている。

エアアジアグループの中で長距離路線を運行するエアアジアXは、関空からハワイ線の就航を計画しており、エアアジアグループのCEOであるトニー・フェルナンデスCEOが2月10日(金)に来日、発表予定とされているので、報道されているように関空〜ハワイ線の就航の可能性も高い。

エアアジアX、関空からハワイ夏就航 大手は新仕様機で対抗

エアアジアX(XAX/D7)は、夏から関西空港経由のクアラルンプール-ホノルル線を開設する。日本からの以遠権を用いるもので、2月10日にエアアジアグループのトニー・フェルナンデスCEO(最高経営責任者)が来日し、正式発表する。

2017年2月10日(金)追記
エアアジアの日本語公式Twitterアカウントは、ハッシュタグに「ハワイ」を含めてツイートしており、2月10日(金)に関空-ハワイ線の就航を発表する可能性が極めて高い。