24時間980円、auの世界データ定額が163か国で利用可能に!KDDIが期間限定キャンペーン開催

KDDIおよび沖縄セルラーは、海外でのデータローミングが申込から24時間の間980円になる「世界データ定額」の対応エリアを、現在サービスを提供している32の国・地域から、期間限定で131の国・地域に拡大することを発表。

KDDIによると、今回のキャンペーンによってauユーザで海外データ通信(おそらくローミング)を利用しているユーザの99%が「世界データ定額」が利用可能になる。としている。

キャンペーンの詳細は以下。

「Wi-Fiルーター不要!身軽に海外キャンペーン」の開始について | スマートフォン・携帯電話 | au
KDDI:世界データ定額の利用可能エリアを163の国・地域で利用可能に

KDDI、沖縄セルラーは、2017年3月1日から2017年6月5日の期間限定で「世界データ定額」の対象地域を163の国と地域へ拡大することで、Wi-Fiルーター無しで様々な国と地域で海外データ通信が楽しめる、「Wi-Fiルーター不要!身軽に海外キャンペーン」を実施します。今回の対象地域拡大により、auをお使いで、海外データ通信をご利用いただいているお客さまの約 99パーセントが「世界データ定額」をお楽しみいただけるようになります。

キャンペーン概要

■キャンペーン概要
auの「世界データ定額」が利用可能な131の国・地域で利用可能となる。
※通常は32の国・地域で利用可能。利用料金は980円/24時間

■キャンペーン期間
2017年3月1日 00:00 – 2017年6月5日 23:59
※日本時間

■利用料金
980円/24時間
※通常時と料金は同一。

世界データ定額は、海外でのデータ通信料金が980円/24時間の定額料金で利用でき、通信容量は国内で契約しているデータプランの容量を消費する。このため、海外渡航中に極端にデータ通信量が増えることが無ければ、定額料金の範囲内で「海外でもいつもと同様にデータ通信が使える」サービスとして便利。

なおかつ、世界データ定額は「au STAR」に登録(無料)していれば、毎月1回分の料金が無料となるので、auユーザであれば実質「毎月1回無料」で利用可能なサービスで、海外渡航する機会のあるauユーザにとって非常に魅力的なサービスと言える。

ただし、世界データ定額の利用にあたっては「データチャージ」オプションに加入した上、機種によっては渡航先でデータローミングをONにしないと、世界データ定額が利用できるエリアかどうかのSMSが届かない場合がある点は注意が必要。

コメント

  1. sato より:

    複数の契約があるのでSIMを入れ替えながら旅行していのですが,au側からはSIMを入れ替えたと認識されず最初のSIMに全部の請求が来たことがあります。SIM差し替え後は再起動(iPhone)した方が安全です。auとは交渉の末,特例で無料特典が適用されました。

    ただ,この時(今年2月)は使っているときからなんか変でした。米国NY市街だったのですが,パケ詰まりのような状態が慢性的に続き,pingも異常に大きい数値でした。米国側の何らかのサーバーで異常が生じていたのかもしれません。手動でキャリアをどこに変えても変わらず。