auのSIMカードで使える「g07+」が税別19,800円で発売、auのVoLTE・4G LTEデータ通信は非対応

スポンサーリンク

NTTレゾナントは、「gooのスマホ」として販売中の「g07」のマイナーチェンジモデルとして「g07+」を発表。本体価格は19,800円(税別)で、CDMA2000をサポートすることでauのSIMカードでも音声通話・データ通信サービスが利用可能となる。ただし、au VoLTEやau 4G LTEには非対応となっている点には注意が必要。

3キャリアSIMも使えるDSDS対応スマホ「gooのスマホ g07+」 ~「g07」から進化!au対応とハードウェア/アプリケーションの強化~ | gooプレスリリース

NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下NTTレゾナント)は、「gooのスマホ」第7弾として2016年12月より販売開始したSIMフリースマホ「g07(グーマルナナ)」のバージョンアップ版である「g07+(グーマルナナプラス)」を、「OCN モバイル ONE」とセットで本日より販売開始します。価格は19,800円(税抜)です。

g07+の基本スペックはg07と同様。新たにCDMA2000への対応する他に、タッチパネル、カメラ、Eコンパスのハードウェア改善、メモ利便性の向上などソフトウェア面での改善も行われている。

NTTレゾナントでは、g07+の発売を記念したキャンペーンとして、同機種が通常価格より2,000円割引されるキャンペーンを3月27日(月) 11:00 – 4月20日(木) 09:59までの期間限定で開催中。

キャンペーン価格にてg07+を購入するためには、「gooポイント」サイトにてg07+が2,000円引きとなるクーポンを取得した上で「NTTコムストア by gooSimseller 本店」(以下リンク)にて購入する必要がある。少々手間はかかるけれど、g07+を購入予定の方はクーポンを取得した上で購入することをオススメ。

繰り返しにはなるけれど、CDMA2000をサポートしたことで「auのSIMで使える」をアピールしているg07+は、au 4G LTEデータ通信やau VoLTEには非対応となっているため、au 4G LTEに対応するMVNOサービスを提供する「mineo」などのサービスでは利用することができない。
※au VoLTEおよびau 4G LTEに非対応となっている点は、プレスリリースにも記載されている。

auのVoLTE 4G、LTEデータ通信には対応しておりません。

NTTレゾナントの公式サイト「gooSimSeller」での販売ページは以下にて。

gooのスマホ g07+(グーマルナナプラス)
gooSimSeller「g07+」を新発売

g07+の発売にあわせて、旧モデルとなるg07は販売価格が19,800円→17,800円へと値下げされている。

通常価格が値下げされた「g07」の販売ページは以下にて。

gooのスマホ g07