丸亀製麺のdポイント対応は大阪限定、ポイント加算・ポイント利用時のフローに注意

トリドールホールディングスの展開する「丸亀製麺」は2017年4月18日より、大阪府内の店舗限定で「dポイント加盟店」となり、丸亀製麺での食事500円(税込)ごとに5ポイントが貯まるほか、貯まったdポイントを丸亀製麺での食事に利用できるようになった。

「丸亀製麺」でのdポイントの加算・利用方法はドコモのWebサイトに紹介されている。
大阪限定!丸亀製麺でdポイントがたまる!つかえる! | d POINT CLUB

丸亀製麺のdポイント対応は、既にご紹介の通り大阪府内の店舗限定となっている上、dポイントを獲得・利用する際のフローが一般の「dポイント加盟店」とは異なっており、少々複雑になっている。

dポイントを利用して支払する場合、事前に専用サイトでdポイントを「丸亀製麺でつかえる券」に交換した上で、会計時にレジに提示して使用する。

■事前に専用サイトで「丸亀製麺でつかえる券」との交換が必要
事前に専用サイトで「丸亀製麺でつかえる券」との交換が必要

「丸亀製麺でつかえる券」は500円券と300円券があり、dポイントと同券の交換は2017年7月末まで、有効期限は2017年8月末までとなっている。

ポイントを加算する際は、レジにて会計時にdポイントカード・dカード・モバイル dポイントカードなどを提示すると「dポイントをためるチケット」が500円(税込)ごとに1枚付与されるので、このスクラッチを削って表示されるQRコードをスマートフォンからアクセスすると、dポイントが5ポイント付与される。

■「dポイントをためるチケット」をもらう
「dポイントをためるチケット」をもらう

「dポイントをためるチケット」の配布は2017年7月末まで、有効期限は2017年8月末までとなっている。

レジに提示することでポイント利用ができない/その場でポイント付与が行えないのは、おそらく丸亀製麺側のレジがポイントを即時利用・付与するためのシステムに対応していないことが理由と考えられるので、丸亀製麺でのdポイント対応がローソンなどのコンビニエンスストア並にスムーズになるには時間がかかりそう。
→また、今回の期間限定キャンペーンとしての取り組みの結果が芳しくなければ、大阪府内の店舗での実験的な対応を以て終了となる可能性もありえる。