フリーテル、総合カタログ配布を一時中止「内容に誤りがあったため」 – 消費者庁の措置命令が影響か

プラスワン・マーケティングの提供するMVNOサービス「FREETEL」が家電量販店などの店頭で配布している総合カタログ(最新号は佐々木希さんが表紙のもの)の店頭配布が一時中止となっていた。

■FREETEL総合カタログが店頭から姿を消した
FREETEL総合カタログが店頭から姿を消した

家電量販店の店頭でスタッフに確認したところ、総合カタログの配布が中止となった理由は「カタログの内容に誤りがあったため」とのこと。

配布中止となる前に入手していた総合カタログを確認してみたところ、景品表示法違反で消費者庁から修正が命令された「人気SNSのパケット料無料」の記載が確認できた。

■総合カタログ「人気SNSのパケット料無料」の記載あり
総合カタログ「人気SNSのパケット料無料」の記載あり

「人気SNSのパケット料無料」の記載に関しては、実際には一部機能でパケット通信料が有料となるにも関わらず、その旨の記載がされていなかったため「有利誤認」にあたると判断されている。


【追記】
4月24日(月)時点で、フリーテルショップにはカタログが設置されていたため、全店で一律配布中止となったのかは不明。

■フリーテルショップにはカタログが設置されていた
フリーテルショップにはカタログが設置されていた


フリーテルのWebサイトは以下にて。
FREETEL(フリーテル)|高速通信SIMカードと高品質SIMフリー端末/格安SIM・格安スマホ