スクート、往復・空港使用料コミで成田-台北 15,000円、札幌-台北 12,000円、大阪-バンコク 16,000円などのセール!

スポンサーリンク

シンガポールを拠点とするLCC、Scoot(スクート)は毎月10日恒例のセールを5月10日(水)11時より開催。

セール価格は往復・空港使用料コミで表記されており、主なセール対象路線としては成田-バンコクが16,000円から、成田-台北が15,000円から、札幌-台北が12,000円から、大阪-バンコクが16,000円などなど。

Promo Fares JP
スクート:スクート、往復税込で成田-台北 15,000円、札幌-台北 12,000円、大阪-バンコク 16,000円などのセール開催

販売期間・対象路線&価格

■販売期間
5月10日(水) 11:00 – 5月12日(金) 23:59

■搭乗期間
2017年5月11日 – 11月15日
※路線によって異なる。

■対象路線&価格
東京(成田) – シンガポール:往復税込22,000円より
東京(成田) – バンコク(ドンムアン):往復税込16,000円より
東京(成田) – 台北(桃園):往復税込15,000円より
札幌(新千歳) – シンガポール:往復税込24,000円より
札幌(新千歳) – 台北(桃園):往復税込12,000円より
大阪(関西) – シンガポール:往復税込24,000円より
大阪(関西) – バンコク(ドンムアン):往復税込16,000円より
大阪(関西) – 高雄:往復税込17,000円より
※支払手数料が別途必要。

セール価格は往復・空港使用料コミ

セール価格は往復価格となっている上、空港使用料が含まれている。このため、座席指定や受託荷物などの有料オプションを一切申込しない場合、セール価格 + 支払手数料のみで海外航空券が購入できる。

東京(成田) – 台北(桃園)を例に紹介すると、同路線の空港使用料は往復で約5,000円となっているため、仮にセール価格の15,000円で往復購入ができた場合、航空券価格そのものは約10,000円の計算。

LCCのセール価格で考えれば「激安」とは言い難いものの、Scootは全機材をB787型機で運行しており、座席間隔が一般的なLCCよりも広くなっているほか、有料オプションながら座席電源や機内Wi-Fi(通信量制限なし)が利用可能となっている点も個人的にはポイントが高い。

Scootの座席電源および機内Wi-Fiに関するエントリは以下にて。

ScootのB787型機はエコノミークラスでも座席電源&機内Wi-Fiが利用可能(ただし有料)
シンガポールを拠点とするLCC「Scoot」(スクート)は、2015年9月より定期便の全路線をB787型機に統一。ScootのB787型機は、LCCとしては珍しくエコノミークラスの座席であっても有料オプションとして電源&機内Wi-Fiが利用可能となっている。 ■Scootの電源...