ANA、8月以降発券分で燃油サーチャージ値下げ、欧州・北米線で片道3,500円、中国・台湾等で1,000円値下げ

ANAは、国際線航空券に係る燃油サーチャージの2017年8月1日から9月30日分の料金を発表。

燃油サーチャージは現行料金(2017年7月末購入分まで)と比較して値下げされることが発表され、日本から欧米・中東・オセアニアなど長期路線では片道7,000円→3,500円に、日本から中国・香港・台湾・マカオは片道1,500円→500円に値下げされる。

ANAの発表は以下にて。

燃油特別付加運賃 / 航空保険特別料金について|ご予約/旅の計画|航空券予約・空席照会|ANA

■燃油サーチャージ:2017年8月1日〜9月30日購入分
燃油サーチャージ:2017年8月1日〜9月30日購入分

燃油サーチャージの値下がり(改定)によって、2017年8月1日以降に発券される航空券の購入に係る料金が値下がりするのは嬉しいところ。
※航空券価格の値上げが無ければ。

なお、燃油サーチャージの値下がりは2017年8月以降に発券される航空券に適用されるため、旅行期間が8月以降であっても、発券タイミングが7月末より前であれば燃油サーチャージの値下がりは適用されない点に注意。