スクート、台湾行き片道6,900円・バンコク9,900円・シンガポール13,000円!タイガーエアとの合併記念セール開催

シンガポールを拠点とするLCC「Scoot」(スクート)は、同じくシンガポールを拠点とするLCC「TigerAir」(タイガーエア)との合併を記念したセールを開催。セール価格は日本から台湾が片道6,900円より、日本からバンコクが片道9,900円、日本からシンガポールが片道13,000円から。

ScootのWebサイトは以下にて。
ホーム

記念セール概要

■販売期間
2017年7月25日(火) 16:00 – 7月30日(月) 23:59
※日本時間基準

■販売価格&対象路線
東京(成田) – 台北(桃園):片道6,900円
東京(成田) – バンコク(ドンムアン):片道9,900円
東京(成田) – シンガポール:片道13,000円
大阪(関西) – バンコク(ドンムアン):片道9,900円
大阪(関西) – 高雄:片道7,900円
大阪(関西) – シンガポール:片道16,000円
札幌(新千歳) – 台北(桃園):片道6,900円
札幌(新千歳) – シンガポール:片道13,500円
※空港使用料コミ、支払手数料別途必要

■セールコード
FLYSCOOT
→フライ・バッグと、フライ・バッグ・イートの料金が10%割引に

日本発着のLCCの多くが、空港使用料を含まない価格をセール価格として表示するなか、Scootのセール価格には空港使用料がコミとなっている。このため、例えば成田→台北の航空券代が「6,900円」となった場合、航空運賃はおよそ4,300円となる。

■成田→台北が片道6,900円
成田→台北が片道6,900円

■航空券価格は4,290円
航空券価格は4,290円

タイガーエアとの合併に伴い「全てのフライトがB787型機」とは言えなくなってしまったけれど、旧スクートが運航するフライトは全てのフライトがB787型機で運航さrており、LCCで一般的なA320型機やB737型機と比べて機体が大きく、座席間隔にも余裕がある。

さらに、有料サービスながら座席電源・機内インターネットを利用することも可能なので、フライト中にこれらのサービスが欠かせない。という方にもオススメできるLCC。

ScootのB787型機はエコノミークラスでも座席電源&機内Wi-Fiが利用可能(ただし有料)
シンガポールを拠点とするLCC「Scoot」(スクート)は、2015年9月より定期便の全路線をB787型機に統一。ScootのB787型機は、LCCとしては珍しくエコノミークラスの座席であっても有料オプションとして電源&機内Wi-Fiが利用可能となっている。 ■Scootの電源...