ドコモが「マツモトキヨシ」とdポイント連携、マツキヨポイントとの二重取り、更にクレカポイントの三重取りが可能に

ドコモは、ドラッグストアを展開する「マツモトキヨシホールディングス」との業務提携を発表。マーケティング領域での協業のほか、「マツモトキヨシ」がdポイント加盟店となり、買物の際に「dポイント」を貯める・使うことができるようになる。

報道発表資料 : マツモトキヨシホールディングスとNTTドコモが業務提携に合意 | お知らせ | NTTドコモ

2018年4月(予定)より、全国約1,560店の「マツモトキヨシ」が、買物の際に「dポイント」が貯まる・使える「dポイント加盟店」となるほか、ドコモのクレジットカード「dカード」の特約店となることで、「dカード」にて支払をすると、通常は1%付与されるクレジットカードのポイントに、2%のボーナスが加わり、合計で3%が還元される。

さらに、「dポイント」および「dカード」の還元に加えて、「マツモトキヨシ」が独自に発行する「マツキヨポイントカード」もポイント加算の対象となるため、dポイントカード+dカード+マツキヨポイントカードの組み合わせで、ポイントが三重取りとなる。

●ドコモ×マツモトキヨシの提携によるポイント還元
(1)「dポイントカード」を提示:買物金額の1%がdポイント還元
(2)「dカード」で支払:買物金額の合計3%(通常1%+ボーナス2%)がdポイント還元
(3)「マツキヨポイントカード」を提示:買物金額の1%が還元
———————————————————-
合計還元:最大5%

■サービス利用イメージ
サービス利用イメージ

このほか、プレスリリースによるとオンラインショップの「マツモトキヨシオンラインストア」にて、「dケータイ払いプラス」の導入など、両社の資産を活用した協業が検討されるとのこと。

ドコモの発行する「dポイント」は、ドコモの携帯電話契約が無くてもポイント貯める・使うことができるので、「マツモトキヨシ」を利用する機会の多い方は(ドコモ契約がなくても)「dポイントカード」を発行しておくことをオススメ。
→「マツモトキヨシ」が加盟店となったら、店頭でも「dポイントカード」が設置されるものと思う。

新たに「dポイント加盟店」となることが発表された「マツモトキヨシ」以外に、ドコモの「dポイント」と、店頭独自のポイントが利用可能となっているお店には、東急ハンズなどの例があるので最後にご紹介まで。

東急ハンズがdポイント加盟店に、dポイント・ハンズクラブカードでポイント二重取り、dカード決済ならポイント三重取り
東急ハンズ5店舗(新宿店・渋谷店・池袋店・梅田店・博多店)は2017年2月15日(水)よりdポイント加盟店に参加。東急ハンズ5店舗での買い物時にdポイントカードを提示すると、100円(税別)ごとにdポイントが1ポイント貯まるほか、貯まったdポイントを東急ハンズの買物の代金支払に充...

ドコモのクレジットカード「dカード」および「dカードGOLD」の申込・紹介は以下にて。